2021年12月号掲載

台湾VS中国 謀略の100年史

国際・世界情勢文化・思想・歴史

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

近年、激しさを増す中国と台湾との対立。この問題を理解するには、過去100年余の歴史を繙く必要がある。中華民国建国、共産党誕生、満州事変…。当時の指導者に焦点を当てつつ、中華圏の近現代史を通観した。中国いわく、尖閣諸島は台湾の一部。つまり中台の問題は日本の問題でもあり、その理解は私たちにとっても大切だ。

要約

中国国民党の誕生 1894年~1926年

 孫文、蔣介石、毛沢東、鄧小平、蔣経国、李登輝、江沢民、陳水扁、胡錦濤、馬英九、習近平、蔡英文。

 この12人は、過去100年余りの中国・台湾で最高指導者として君臨した(している)政治家だ。

 彼らに共通しているのは、「カオスの底なし沼」のような中華圏の近現代史の中で、権謀術数を駆使し、自らの大道を切り拓いてきた点である。

 彼らは、トップとして何を志し、何を企み、何を成し遂げ、何に涙していったのか ―― 。

始まりとしての日清戦争

 日本は、1868年の明治維新によって近代国家に生まれ変わり、富国強兵・殖産興業のスローガンのもと、発展を遂げていった。

 一方の中国(清国)は、旧態依然とした皇帝政治から脱しきれず、1840年に起こった「アヘン戦争」をきっかけに転落の道を歩む。習近平主席が説く「屈辱の100年」の始まりである。

 そんな日本と中国が、1894年7月に朝鮮半島海域で衝突したのが、日清戦争の始まりだ。日本軍は破竹の勢いで中国大陸へと兵を進め、戦争は翌1895年4月17日に下関条約を結んで終結する。

 下関条約の第2条には、こう記されている。

 この条約により、台湾は日本の植民地となる。

 第4条には「清国は軍費賠償金として庫平銀(標準銀)2億両を日本国に支払うべきこと」と定めてある。この借金苦に喘いだ末、清国は1912年に滅亡した。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

「世間」とは何か

阿部謹也 講談社(講談社現代新書)

ポストコロナの経済学

熊谷亮丸 日経BP