2021年11月号掲載

〈生きる意味〉を求めて

Original Title :The Unheard Cry for Meaning

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

社会に蔓延する虚無感、増える若者の自殺…。第二次大戦下、ナチスの強制収容所に送られた精神科医が、現代人が抱える様々な心の問題を論じる。過酷な体験の後、独自の心理療法を生んだ著者は、人は探求すべき“意味”さえ見いだせば、苦しみをも甘受するという。生きる意味を求めてもがく人々に一筋の光を与えてくれる1冊。

要約

意味への叫び

 「ロゴセラピー(Logotherapy):意味による治療」 ―― 。

 この「意味による治療」という考え方は、心理療法の伝統的なやり方を逆転させるものである。

 伝統的な心理療法では、「不安を取り除くと、あなたは幸せになるでしょう」と説く。だが、事はそんなふうにうまくはいかなかった。むしろ、神経症が取り除かれたとしても、そこには、ある空虚さが残されてしまうのである。

 今まで、医師たちは患者を1人の人間としてみてきただろうか。意味というものを絶えず探し求める存在として、患者をみてきただろうか。

 人は、探求すべき意味さえ見いだすなら、あえて苦しむことも甘受し、もし必要とあらば、そのために自らの命をも捧げる覚悟をするものだ。そのことが、今まで見過ごされてきたのである。

学生の自殺が意味するものとは

 この事実を、私は1人の学生のレポートを通して確信した。そのレポートによると、ある米国の大学で自殺を試みた60人の学生のうち、85%が自殺を試みた理由として挙げたのは、「人生が無意味に思えたから」であった。

 しかし、そのことよりはるかに重要なことは、人生の無意味感に苦しんでいるこの学生たちの93%が、「社会的には積極的に活動し、学習面でもかなりの成績をとり、家族との関係においてもうまくやっている」学生たちだったことだ。

 ここにあるのは、いわば意味を求めて叫んでいるにもかかわらず、耳を傾けてもらうことのなかった叫び声である。

 こうしたことが、豊かな社会の真っ只中で起きている。長い間、私たちは夢を見続けてきたのかもしれない。私たちの見た夢、それは社会経済状況さえ改善すれば、すべてはうまくいき、人々は幸せになるだろうという夢…。

 しかし実際のところは、社会経済状況がよくなるにつれて、1つの問いが浮かび上がってきたのである。「何のために生きようとしているのか?」という問いが。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

「世間」とは何か

阿部謹也 講談社(講談社現代新書)

ポピュリズムとは何か 民主主義の敵か、改革の希望か

水島治郎 中央公論新社(中公新書)