2021年11月号掲載

スタンフォード式 人生を変える人間関係の授業

Original Title :Connect:Building Exceptional Relationships with Family, Friends and Colleagues

コミュニケーション・心理学スキル・能力開発

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

自分も相手もありのままでいられる。そんな「格別」の人間関係を構築する秘訣を、長年、スタンフォード大学で人間関係学講座を担当した2人の著者が説いた。“自己開示”のルールや、トラブルの対処法など、関係をより深める上で役立つ教訓が詰まっている。多くの受講生に「人生が変わった」と言わしめた名講義の書籍化。

要約

「格別」の関係を探し求めて

 あなたには、「格別」と呼ぶにふさわしい関係の相手がいるだろうか。その人の前では、取り繕うことのない本当の自分が理解され、受け入れられていると感じられる ―― そんな相手だ。

 インスタグラムでつながっている何百人もの「友達」は、あなたが先週、素敵なレストランで注文したメニューを知っているかもしれない。

 一方、格別の存在であるその人は、あなたが長年、摂食障害に苦しんできたことを知っている。その人だけは、あなたの真の姿を理解している。

格別の関係とは

 格別の関係には、6つの特徴がある。

    • ①あなたも相手も素の自分でいられる
    • ②互いに弱い面をさらけ出せる
    • ③本音を出しても批判されないと確信できる

 最初の3つは自己開示に関するもの。やたらとプライベートをシェアしたがる今の時代に、なぜ自己開示が重要になるのか。それは、外向きにつくった顔と本来の姿の間にギャップがあるためだ。

 SNSは、あらゆるものをポジティブに見せなければいけないというプレッシャーに満ちた世界を生み出した。最悪の旅だったのに、フェイスブックにはほほ笑む写真を投稿する。シリコンバレーのCEOたちはやたらと成功体験を語るが、現実には疲労と燃え尽き症候群に苦しんでいる…。

 偽りのイメージを保ち続けるのは疲れるものだ。特定の人に「すべてをさらけ出せ」とは言わないが、その人との関係において重要な意味をもつ部分については率直にさらけ出すべきである。

    • ④互いに率直に議論できる
    • ⑤意見の相違があっても前向きに対処できる
    • ⑥相手の成長や発展を応援し合える

 後半の3つは、フィードバックと対立に関するものだ。相手の問題点を指摘するフィードバックは、相手の成長を後押しする強力な手段だが、うまくできる人は極めて少ない。格別の関係の場合は、互いに率直に意見し、忠告された側も、それを学びのチャンスだと受けとめられる。

伝えるべきか、黙っているべきか

 では、どうすれば格別の関係を構築できるのか。

 格別の関係に至るには、自分のことをよく知ってもらう努力が不可欠だ。自分をさらけ出すことによって絆が深まり、信頼も高まり、本当の自分が受け入れられているという確信にもつながる。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

直観を磨く 深く考える七つの技法

田坂広志 講談社(講談社現代新書)