新装版 思考の技術

スキル・能力開発科学・技術・環境
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

1971年刊『思考の技術――エコロジー的発想のすすめ』を改題・再編集したもの。立花隆氏の事実上の処女作で、エコロジー(生態学)の観点から、ものの見方・考え方を説く。生態学的に思考し、自然を畏怖せよという主張は、初版刊行から約50年を経た今も色褪せない。環境問題が深刻化する現代、一読の価値ある書といえよう。

要約

エコロジーとは?

 公害問題の深刻化とともに、にわかに生態学(エコロジー)が注目を浴び始めた。

 生態学は、生物学の一分野である。生物学者E・ヘッケルは、生態学をこう定義している。

 「生態学は、生物と環境および共に生活するものとの関係を論ずる科学である」

 そして、生態学が教えるものは、技術をいかに用いるべきか、いかなる技術を発展させるべきかというソフトウェアである。

 現代文明においては、善と悪の判断がつきにくいものが多い。例えば、モータリゼーションを進めることは、輸送力の増強、交通の便からいえば「善」、排気ガスによる公害、事故の激増という面からは「悪」となる。農薬の使用は、農産物の増産という面からは「善」、食物汚染、土壌汚染という面からは「悪」となる。

 こうした是非のつけにくい問題に正しい解答を与えてくれるものは、生態学的思考以外にない。

“いかに”を追求する

 生態学とは、生物の生活の容態を研究する学問である。この学問が、他の分野の科学と際立った特徴を持つのは、それが「いかに」(how)を一貫して追求してきたという点においてである。

 他の科学は、「いかに」から出発して、「なぜ」(why)を追求する。「なぜ」を追求することによって、現象の因果関係をたどり、そのもとにある原理に至ろうとする。

 リンゴが木から落ちる。なぜ、落ちるのか? 重いから落ちる。なぜ、重いものは落ちるのか? この「なぜ」を繰り返し、ニュートンは重力の法則を発見した。

 物理学にしろ化学にしろ、あらゆる科学は現象を観察することから始まる。観察を深めていくと、現象と現象の間に相関関係を発見することができる。その相関関係を定式化したものが法則である。

 観察→相関関係の発見→定式化、このプロセスを帰納という。定式化された法則が集まり、1つの体系ができあがっていく。これが科学である。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

データでわかる 2030年 地球のすがた

夫馬賢治 日経BP・日本経済新聞出版本部(日経プレミアシリーズ)

NEO ECONOMY

日本経済新聞社(編) 日経BP・日本経済新聞出版本部

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)