経営改革大全

マネジメント企業戦略・戦略論
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

株主至上主義、「コト」消費…。流行の経営モデルには、現状にそぐわないものも多い。これらに振り回されていては、企業は弱体化するばかりだ。本書は、世の中に出回っている通説の誤りを指摘し、踏まえるべき真説を提示。グローバル・スタンダードに惑わされない、日本企業ならではの良さを生かした改革のあり方を示す。

要約

間違いだらけの経営論

 「グローバル・スタンダード」が、まことしやかに標榜されて久しい。

 バブル崩壊とともに日本的経営が行き詰まって早や30年。その間、日本企業の多くは、経営のあり方を世界標準に切り替えようと努力してきた。

グローバル・スタンダードに惑わされるな

 しかし、そもそも世界標準などというものはどこにも存在しない。グローバルと呼ばれているものは、しょせんアングロサクソン型でしかなく、米国企業のものまねにすぎない。

 しかも、その米国においてすら、旧来のモデルからの脱却が模索されている。

 例えば「企業は株主のもの」という通説は、もはや20世紀の遺物でしかない。また、そのような前提に立って唱えられてきた「ROE(株主価値)至上主義」は今、抜本的な見直しを迫られている。

経営論の通説は間違いだらけ

 それにもかかわらず、わが国では最近ますますグローバル・スタンダードという教条主義が猛威を振るっている。

 その象徴が、「日本版コーポレート・ガバナンス改革」だ。社外取締役や女性の役員の数を増やすことに躍起になっている企業ほど、「非連続な未来に向けた企業の舵取り」というガバナンスの本質を見失っている。

 さらには、「働き方(Work-Life Balance)改革」。ここでも、時短やリモートワークといったうわべだけのブームに走っている企業が後を絶たない。それだけでは、米国や中国の企業との競争において、日本企業の遅れは致命的になるだろう。ひところの「ゆとり教育の大失態」の再現だ。

 本来目指すべき方向は、「働き甲斐改革」なのだ。WorkとLife(自己実現)が切り離されるのではなく、WorkとLifeが融合する状態をいかに作るかが、21世紀的な働き方の本質となるはずだ。

 このような間違いだらけの経営論は、枚挙にいとまがない。そのいくつかを、〈通説〉と〈真説〉に分けて見ていこう。

 

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

酒井大輔 日経BP

BCG 次の10年で勝つ経営

ボストン コンサルティング グループ(編著) 日経BP・日本経済新聞出版本部