2020年1月号掲載

経済成長という呪い

Original Title :LE MONDE EST CLOS ET LE DÉSIR INFINI

経済・経済学国際・世界情勢社会・政治
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

産業革命後、人々は物質的な豊かさを求め、経済成長を信奉するようになった。地球環境の危機が叫ばれる今も、富の追求がやむことはない。人は、無限の欲望という“呪い”から逃れられないのだろうか? フランスを代表する経済学者・思想家が、経済成長と人間の欲望を読み解く。現代資本主義に対する警鐘と提言の書。

要約

人間の欲望と経済成長

 イギリスの偉大な経済学者ジョン・メイナード・ケインズは、1930年代初頭に、大胆にもこう断言した。

 ―― 産業が発達するペースから考えて、2030年には人々は1日3時間働くだけで暮らせるようになり、残りの時間は、芸術、文化、形而上学的な考察など、本当に重要なことに時間を費やすようになる。

 だが、残念ながら、現代社会は彼がその見通しを立てた時より10倍も豊かになったのに、我々は物質的な繁栄をこれまで以上に追求している。ケインズは我々の行動を完全に読み誤った。人間の欲望の驚くべき順応性を過小評価したのだ。

人間は欲しがる存在

 文芸批評家ルネ・ジラールは、こう述べる。

 「人間は、基本的生活にかかわる欲求を満たすと、あるいはそれ以前の段階であっても、激しい欲望をもつようになる。だが、何が欲しいのかは自分でもわからない。なぜなら、人間は欲しがる存在だからだ。人間は、自分にはないと感じる、自分以外の誰かがもっているはずのものを欲しがる存在なのだ…」

 事実、現在においても、数億人の人々が経済成長という神を崇め、その結果、地球環境が危険にさらされている。

経済成長は近代になって始まった

 経済成長 ―― 。これは、ほんの2世紀前に登場した新しいアイデアである。

 太古から18世紀の産業革命前夜まで、人類の収入は今日の貧困者と変わらない1日1ユーロ程度。1人当たりの収入が伸び続けるという意味での経済成長は、近代になってからのことだ。

 18世紀にはオランダ、19世紀にはイギリス、20世紀にはアメリカが栄華を極めた。この時代、経済は成長し続けた。経済成長率は、18世紀が0.5%、19世紀が1%、20世紀が2%だった。

 では、21世紀には、20世紀の倍の4%に達するのだろうか?

 

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

ポストコロナの経済学

熊谷亮丸 日経BP

データでわかる 2030年 地球のすがた

夫馬賢治 日経BP・日本経済新聞出版本部(日経プレミアシリーズ)