SELFISH

Original Title :THE 28 LAWS OF ATTRACTION

自己啓発スキル・能力開発
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

自分の魅力を高め、幸せになるための「魅力の法則」を説く。「信じられないくらいセルフィッシュになれ!」「周りに絶大な影響を与える」「自分の才能を堂々と売りだす」等々、人生を豊かにする「真の自分本位」の生き方を伝授。“パーソナル・コーチングの父”の手になる自己啓発の名著、世界的ロングセラーの初の完全邦訳版だ。

要約

「魅力の法則」が人生を拓く

 自分の中にある強みを引き出し、活かして人生を謳歌する ―― 。

 それをかなえるのが、「魅力の法則」だ。実践すれば、生活や仕事、人間関係を実りあるものにできる。あなたの魅力が高まり、様々な良いものが、あなたに引き寄せられてくる。

 そんな法則のいくつかを紹介しよう。

信じられないくらいセルフィッシュになれ!

「本当の自分」を出さなければ、そこには何もなく、人を惹きつけることはできない

 「セルフィッシュ(SELFISH)」。

 辞書で意味を引くと、「自分のことだけを考える傾向が顕著であること。他人を犠牲にしてでも、自分にとっての快や利益を優先すること」とある。

 しかし、私はこの言葉について、全く別の捉え方をしている。プライベートと仕事の両方で成功したいなら、この「セルフィッシュ=我がままでいること」、つまり「自分本位」という言葉に対する新しい見方を身につけなくてはならない。

 「今の時代、セルフィッシュになることは悪いことではないと心得る」ことが大事だ。

 はるか昔、人間が群れをなして生活していた頃、食べ物を集めるのも、敵と戦うのも、全て共同作業だった。自分のことしか考えない自分本位な者は、群れにとっての危険分子と見なされた。

 だが、農耕が始まり、文明が高度化すると、専門家になる者が現れる。専門家が皆の役に立とうと思うと、狩りや農作業から解放される必要があった。こうして、専門家たちは自分のやりたいことを追求することができたのだ。

 こう考えていくと、現代はセルフィッシュになることが許されている時代である、といえる。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)