運気を磨く

自己啓発人生論
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

非科学的と言われながら、信じられてきた「運気」。それは本当に在るのか? この古くからの謎に、多摩大学大学院名誉教授で工学博士の田坂広志氏が迫った。最先端の科学的仮説を引きつつ、運気の本質を解明し、良運を得る方法を説く。「我々の心の状態がその心と共鳴するものを引き寄せる」など、興味深い指摘がなされる。

要約

「良い運気」の引き寄せ方

 「運気」とは何か ―― 。

 それは、第1に、「直観」が閃くということ。例えば、ルーレットなどの勝負ごとで、赤黒のどちらに賭けるかという直観が当たることがある。

 第2に、「予感」が当たるということ。

 第3に、「好機」を掴むということ。例えば、サッカーで、ゴール前の混戦の中、タイミング良く自分の前にボールが転がってきて、シュートを決めるなど。偶然が支配する状況で好機を掴むということは、良い運気の1つの表れである。

 第4に、「シンクロニシティ」が起こるということ。これは「不思議な偶然の一致」が起こることだ。例えば、「こうした情報が欲しい」と思っていると、たまたま手にした雑誌にその情報が載っていた、といったことが人生において起こる。

 第5に、「コンステレーション」を感じるということ。コンステレーションとは「星座」という意味の英語だ。我々は、星々の配置に「意味」を感じ、それを星座と呼ぶ。同様に、コンステレーションを感じるとは、人生で起こる一見無関係な出来事に何かの意味を感じ、その意味に従って選択をすると、良い方向に導かれることである。

 運気というものについて語った文献は、古今東西、無数にあるが、どれも共通に、良い運気を引き寄せるための1つの法則を語っている。

 それは、我々の「心の状態」が、その心と共鳴するものを「引き寄せる」という法則である。

 これは、昔から欧米などで「引き寄せの法則」として語られてきたものだ。日本でも「類は友を呼ぶ」という諺が語られ、仏教においても、目の前の世界は自分の心が現れたものであることを意味する「三界唯心所現」という言葉が語られる。

 従って、良い運気を引き寄せるためには、「ポジティブな想念」を持つことが求められる。すなわち、「ポジティブな想念=良い想念」を持つと、「ポジティブな出来事=良い出来事や出会い」を引き寄せ、良い運気を引き寄せるのである。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

G・キングスレイ・ウォード 新潮社(新潮文庫)