戦略完遂力

マネジメント企業戦略・戦略論
  • 著者
  • 出版社
  • 発行日
    2019年9月17日
  • 定価
    1,800円+税
  • ページ数
    215ページ
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

調査によれば、経営戦略に携わった人の8割近くが“失敗”を経験している。そして、失敗の原因は、戦略そのものではなく、「実行上の問題」にあった。例えば、組織体制の不備、不十分なアクションプラン、あるいは社員のモチベーション低下など。本書では、代表的な6つの問題点を取り上げ、成功に転じるための方策を指南する。

要約

失敗頻発、経営戦略の残念な実態

 ビジネスの競争環境が目まぐるしく変化する今、企業は新規事業開発や新たなマーケット開拓などありとあらゆる経営戦略を次々に打ち出している。

 だが、そうした戦略の中には、成果が順調に上がるものもあれば、そうでないものもある。

経営戦略の失敗経験は「8割近い」

 こうした明暗の差は、どこから生まれるか。

 その原因を探るため、2019年4月、売上高100億円以上の企業を対象に、経営戦略の立案やその実行状況に関するアンケート調査を実施した。そして、戦略実行に携わった経験があるビジネスパーソン515人から回答を得た。

 集計結果の中でとりわけ目を引くのは、成功裏に完遂できなかった経営戦略が非常に多いことだ。

 「とん挫した経験があるか」を聞いたところ、「はい」の回答が76%。実に4人のうち3人が、経営戦略の失敗を経験している計算になる。

 この回答内容を分析すると、さらに驚くべき事実が浮かび上がってくる。

 「とん挫した経験がない」とした残り24%の回答者は、いずれも中長期経営計画にしか関わったことがなかった。裏を返せば、中長期経営計画以外の戦略に携わった経験を持つ回答者は、1人の例外もなく失敗を体験しているのだ。

失敗原因の9割は「実行上の問題」だった!

 どうして、経営戦略のとん挫がこれほど多いのだろうか。

 とん挫した理由を質問したところ、「戦略の実行可能性が低かった、方向性が間違っていた」と戦略自体の問題を挙げたのは、とん挫経験がある人のうちわずか9%。残りの約9割は、「戦略に問題はなく、実行上の問題があった」としている。

 その「実行上の問題」を掘り下げるべく、「実行上の問題があった」とした347人を対象に、戦略がとん挫した理由を答えてもらった。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

会社を変える会議の力

杉野幹人 講談社(講談社現代新書)

WHO YOU ARE

ベン・ホロウィッツ 日経BP