「働き方改革」の嘘

マネジメント社会・政治
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

安倍政権が主導する「働き方改革」。柔軟な働き方が可能になり、長時間労働が是正されるなど、政府は働く人のメリットを謳うが、果たして本当なのか? 取材を続けてきた新聞記者が、改革の実態を明らかにし、警鐘を鳴らす。「働き方改革は名ばかりで、働かせる側の論理でつくられた、財界主導の『働かせ方改革』」だ、と。

要約

高度プロフェッショナル制度の罠

 政府が主導して「働き方改革」が進められている。では、何のために働き方改革をするのか。

 働き方改革は、一見すると「長時間労働の是正」や「同一労働同一賃金の導入」など、働く人にとってメリットが多い内容のように思える。

 だが、子細に見ると、これらの看板の陰に隠れるようにして、「残業代ゼロ制度」などといわれる高度プロフェッショナル制度(高プロ)の創設や、裁量労働制の対象拡大などがちりばめられている。高プロや裁量労働制は、長時間労働是正とは明らかにベクトルが逆だ。なぜ、このような矛盾に満ちたものになったのか。

 それは、安倍政権が財界・経済界とあうんの呼吸で進めてきた働き方改革だからである。

形ばかりの合意

神津連合会長

「(高プロは修正しないと)長時間労働がさらに拡大しかねない。働く人の健康確保のための修正をよろしくお願いしたい」

安倍首相

「しっかり受け止めて検討する」

 これは、2017年7月13日の政労トップ会談でのやり取りである。“残業代ゼロ法”と批判してきた高プロについて連合(日本労働組合総連合会)が「容認」に転じた、とメディアは報じた。だが実態は、安倍政権が強行突破という批判をかわすため、形ばかりの合意をお膳立てしたものだった。

財界の理想論と連合の反対論

 高プロは、研究開発職など高度の専門知識を持ち、年収1075万円以上の働き手を、労働時間規制の対象から外す制度だ。労働基準法は法定労働時間を超えて働かせる場合、割増賃金の支払いを義務付けている。しかし、高プロの対象になると、残業をしても割増賃金が支払われなくなる。

 実現を要請してきた経団連は、対象者がごく一部に限られると強調。「短時間で成果を出せば生産性が高まり、自由な時間も増える」などと、理想論を繰り返した。対する連合は、「現行でも成果と報酬を連動させる柔軟な働き方は可能」などの理由で、一貫して反対してきた。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

ポストコロナの経済学

熊谷亮丸 日経BP

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部