新世界秩序

Original Title :Demain, qui gouvernera le monde?

国際・世界情勢社会・政治
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

19世紀は英国が、20世紀は米国が世界を支配した。では、21世紀は? 経済学者・思想家のジャック・アタリ ――“ヨーロッパを代表する知性”が「21世紀の新世界秩序」を提示。彼の見立てによれば、世界は無秩序とカオスに陥る。そんな未来における切り札は“結束”だ。世界が結束すれば、持続的な成長は可能だという。

要約

世界秩序の転換期

 人類の歴史とは、帝国による世界支配の歴史であり、世界秩序の変遷の歴史である。現在、帝国の攻防は激化し、世界はカオス化し、世界秩序は大きく転換しようとしている。

 その理由は、アメリカの孤立主義にある。これはブッシュ(子)政権時代に始まり、オバマ政権で確立し、トランプ政権時代に完成した方針だ。この方針によって、アメリカの同盟国は安全保障上、重大な危機に直面している。アメリカが防衛の傘を、誰とも共有する気がなくなったからだ。

 この孤立主義は、経済の分野でも推し進められている。あからさまな保護主義政策が推進され、アメリカの同盟国もその攻撃対象になっている。

大国の頂点に立つ3人

 現在、トランプも含めて、米・露・中、3つの大国の頂点に立つ3人は、誰もが長い任期をもち、その戦略はどれもはっきりしている。

 プーチンのロシアは防衛拠点を固め、経済的・軍事的に欧州を封じ込めることによって、超大国の地位を取り戻そうとしている。習近平の中国は地球全体で様々な同盟関係を結び、資源調達の道を確保しようとしている。そして、ユーラシアにかつての中華帝国を再興しようとしている。

 今後、従来の世界秩序は崩壊し、日本や欧州など、同盟国でも容赦なく攻撃される。特に欧州に対しては、3つの超大国はもはやパートナーとは見なさず、単なる餌食の1つとしか思っていない。

カオス化する世界

 こうした状況に対応して、多くの国々でナショナリズムの影響力が強くなっている。世界中で、ポピュリズムや原理主義の台頭がさらに進んでいくだろう。世界から協調性は失われ、様々な問題に共同して対処する能力も失われていく。

 世界は今後、経済、通貨、軍事、環境、人口、倫理、政治などすべての分野で、巨大なカオスに陥っていく可能性がある。そうなると、大規模な経済・金融危機、地球規模の戦争など、世界が最悪の事態に陥る可能性も無視できない。

 

次に世界を統治する国は?

 では、21世紀の世界秩序はどうなるのか?

 アメリカは世界一の大国の地位を、今後も長期にわたって維持する力がありそうにも見える。また国際機関は、人類の主要な問題に対処する能力を備えているようにも見える。だが、よく見れば、それが見かけでしかないことがわかる。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

白人ナショナリズム

渡辺 靖 中央公論新社(中公新書)

絶望を希望に変える経済学

アビジット・V・バナジー 日経BP・日本経済新聞出版本部