深く考える力

自己啓発スキル・能力開発
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

一般に、緻密に論理を積み上げる論理思考が、深い思索と思われがち。だが、それは思考の初歩的な段階にすぎない。心の奥に潜む「賢明なもう1人の自分」と対話し、叡智を引き出すのが、「深く考える力」。その力をいかに自分のものとするか。考えを文章に表す、問いを一度忘れる等、必要な5つの技法の身につけ方を、田坂広志氏が説く。

要約

賢明なもう1人の自分

 深く考える力。それは、誰もが身につけたいと願う力であろう。

 では、「深く考える」とは、いかなることか。それは、あなたの中にいる「賢明なもう1人の自分」と対話すること。その時、その「もう1人の自分」が、我々の考えを深めてくれる。

 では、その賢明なもう1人の自分は、どこにいるのか。実は、誰の中にも、心の奥深くに、想像を超える賢さを持つもう1人の自分がいる。

 我々の能力を、そして人生を分けるのは、賢明なもう1人の自分の存在に気がつき、その自分と対話する方法を知っているか否かである。

「賢明なもう1人の自分」が囁き出す

 作家の遠藤周作氏が、こう述べている。

 「ある心中物語を書こうと思ったら、書いている途中で、主人公が『死にたくない』と叫び出し、結局、この主人公を殺せなかった」

 この主人公の叫びは、ある意味で、遠藤周作という作家の心の奥にいる「もう1人の遠藤周作」が囁いたのであろう。「この主人公を殺すな」と。

 このように、「深く考える力」とは、長時間考えることでも、一生懸命に考えることでもない。心の奥深くにいる賢明なもう1人の自分の声に、耳を傾ける力である。

 その賢明なもう1人の自分は、いつも、静かに我々の思考や思索を見つめている。そして、時折、素晴らしいアドバイスを与えてくれる。

「賢明なもう1人の自分」の持つ不思議な能力

 この賢明なもう1人の自分は、我々の想像を超えた素晴らしい能力を持っている。

 その能力は、大きく2つある。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)