HIGH OUTPUT MANAGEMENT

Original Title :HIGH OUTPUT MANAGEMENT

マネジメント起業家・人物
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

インテルの創設に参画し、同社を力強く導いた伝説的経営者、アンドリュー・S・グローブ。そのマネジメントにおいて、彼は何に注力し、どのように成果を最大化したのか。ノウハウの数々が、ミドル・マネジャーに向けて語られる。フェイスブックCEOら、シリコンバレーのトップ経営者に読み継がれ、影響を与えた名著の復刊。

要約

経営管理はチーム・ゲームである

 組織において、現場の最先端にいる監督者や、最高経営責任者(CEO)については、充分その存在が認められている。職長を対象に仕事の基本を教えるコースはたくさんあるし、たいていのビジネススクールはトップ経営者を生み出すことを狙って教習課程を組んでいる。

 しかし、この二者の間に存在する中間管理職(ミドル・マネジャー)は、我々の社会や経済にとって極めて重要であるにもかかわらず、ほとんど無視されている。

 私は、こうしたミドル・マネジャーに語りかけたい。この本には、マネジャー自身と彼らが率いるグループの、業績と生産性を高める基本的なアイデアを盛り込んでいる。

 そのアイデアの1つが、「マネジメントに対する成果(アウトプット)志向性」である。

マネジャーのアウトプットとは

 私はある中間管理職のグループに、マネジャーのアウトプットとは何かという質問をしてみた。

 そこでの答えは、次のようなものだった。

 判断と意見、方向づけ・指示、経営資源の配分、間違いの発見、人材育成と部下の開発…。

 私は、こうした事柄がマネジャーとしてのアウトプットを表しているとは思わない。それは「活動」であり、マネジャーが最終成果 ―― アウトプットを上げるために“なす”べきことである。

 では、マネジャーのアウトプットとは何か。

 マネジャーが、インテル社のウェハー製造プラントの責任者だとすれば、アウトプットは、完成された高品質のシリコン・ウェハーである。

 これを要約すると、次の式のようになる。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

BCG 次の10年で勝つ経営

ボストン コンサルティング グループ(編著) 日経BP・日本経済新聞出版本部

よきリーダーは哲学に学ぶ

アリソン・レイノルズ CCCメディアハウス