人間を磨く

自己啓発人生論
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

友人、会社の同僚、あるいはご近所等々、ともすると、悩みの種になりがちな人間関係。それを「人間を磨く」最高の機会と捉え、実践すべき7つの「こころの技法」を説いた。「心の中で自分の非を認める」「自分から声をかけ、目を合わせる」など、どれもすぐ、容易に実践できる。かつ“奥の深さ”を秘めたものばかりだ。

要約

7つの「こころの技法」

 我々は、日々、様々な人間関係の問題に直面し、迷い、悩みながら生きている。

 しかし、人間関係における不和や不信、対立や衝突、嫌悪や憎悪などの経験は、その処し方を間違えなければ、人間を磨き、人間力を高める最高の機会になる。逆に、処し方を誤れば、自分の人間性を寂しい次元に落としてしまうこともある。

 では、その分かれ道は何か?

 人間関係に処する時の「心の置き所(心得、心構え)」である。それは、「人間として、かくあるべし」といった大仰なものではなく、ほんの小さな「こころの技法」と呼ぶべきものだ。

 本書では、それを「人間関係が好転する『こころの技法』」として、7つの技法を語ろう。

①心の中で自分の非を認める

 まず、第1の技法は、「心の中で自分の非を認める」ことである。

 こう述べると、読者から疑問の声が挙がるだろう。「非を認める」のではなく、「非を改める」のではないか、と。

 確かに、非を改めることができれば素晴らしい。だが、人はなかなか自分の非や欠点を改められない。それが簡単にできれば、人生における苦労や人間関係の悩みの大半はたちまち解消するだろう。

 では、自分の非や欠点を改めないと、周りの人々との人間関係を良きものにできないのか?

 決して、そうではない。世の中を見渡せば、非も欠点も抱えながら、周りの人々と良い人間関係を築いている人は珍しくない。

 では、なぜ世の中にはそんな人物がいるのか? それを理解するには、逆の人物を考えるとよい。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)

対話する力

中野民夫 日本経済新聞出版社