2016年2月号掲載

ほめると子どもはダメになる

コミュニケーション・心理学社会・政治
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

叱られるとムカつく。興味のないことはやりたくない…。傷つきやすく、鍛えることが難しい若者が増えている。それは、欧米流の「ほめて育てる」子育てを、表面だけ真似たことが大きい。20年ほど前から広まった新しい教育論が、日本社会では様々な歪みをもたらすこと、それを正すために親がなすべきことを述べる。

要約

「ほめて育てる」教育の弊害

 「日本の子どもや若者は自己肯定感が低いから、もっとほめて自信をつけさせないといけない」

 そんな声が20年ほど前から教育界にも親の間にも広まり、「ほめて育てる」が大流行となった。

 果たして、若い世代は逞しくなっただろうか。むしろ、傷つきやすく、キレやすい若者が増えたのではないか。実際、学生たちの相手をしていると、無理しない若者、頑張れない若者が目立つ。企業の管理職や経営者の人たちと話しても、最近の若手は扱いが難しいと誰もが口にする。

 2012年に20~50代の会社員700人に行った私たちの調査でも、そうした傾向が顕著にみられた。

 調査データでは「年長者からアドバイスされて、うっとうしいと思う」者が2割を超え、20代では3割近くに及ぶ。つまり、若年層に、特に年長者のアドバイスに反発する心理が潜んでいる。

 こんなことでは若手を育てるなど無理だ、といった嘆きの声も耳にする。傷つきやすい若者の急増で、誰もが部下の指導に悩む時代になった。

叱られることに抵抗がある

 「ほめて育てる」は、深刻な弊害をもたらす。第1の弊害は、ストレス耐性が非常に低いことだ。

 叱られる経験の乏しい学生たちと話すと、正当な注意であっても感情的に反発する傾向がある。

 「授業中、やる気のない態度を取っていたら、先生から注意されてムカついた」

 そんな発言をある学生がすると、自分もそういうことがあるという者が続く。注意された自分が悪かったという実感はほとんどないのだ。

 叱られ慣れていないため、「叱る―叱られる」という建設的な関わりを理解していない。そのため、「叱られる=自分に気づきを与えてくれる」といった発想がなく、反発することになる。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

ポストコロナの経済学

熊谷亮丸 日経BP

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)