最高の仕事ができる幸せな職場

Original Title :THE BEST PLACE TO WORK:The Art and Science of Creating an Extraordinary Workplace

マネジメント組織・人事
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

どんな職場であれば、従業員がやる気を出し、優れたアイデアを思いつくのか? 失敗を認める職場環境を作る、遊びを組み入れる等々、どんな業界ででもできる、生産性と創造性、やる気がアップする職場の作り方をアドバイスする。業績向上のカギは、従業員が最高の仕事をできる、“幸福な職場”作りにあり!

要約

生産性とやる気を高める職場作り

 従業員が幸せであれば、利益は拡大する。

 幸福な従業員は生産性や創造性にすぐれ、質の高い顧客サービスを提供することが、研究によって明らかになっている。

 では、どうすれば、そうしたすばらしい職場にすることができるのか。

 幸福な職場を作る秘訣は、福利厚生などに多くの出費をすることではない。従業員が、最高の仕事をできるような環境を整えることだ。

多くの失敗をすることが、成功の秘訣

 創造性に秀でた天才は、多くのものを作り出しただけでなく、しばしば失敗している。

 iPhoneやiPadで大成功を収める前、スティーブ・ジョブズは、AppleⅠ、AppleⅡ、Lisaなど多くの製品で失敗している。グーグルも、グーグルリーダーをはじめ、相当な数の失敗をしている。

 グーグルの元CEOエリック・シュミットは、2010年にグーグルウェーブの開発中止を発表する時に言った。「私たちは失敗を称える。難しいことに挑戦して成功しなくても、そこから学び、新しいことに活かすことができればいい」。

 人よりも多くの失敗をする ―― それが新しいことをして成功するための秘訣である。

失敗を奨励し、褒美を与える

 病院におけるチーム力学を調べた研究がある。テーマは、「同僚と良い関係にある看護師は失敗が少ないか」というものだ。

 協調性の高い環境であれば、看護師はより仕事に集中でき、失敗も少ない ―― そんな結果が出ると思っていたが、実際は逆だった。上司や同僚との関係が良好なほど、看護師の失敗は多いのだ。

 なぜだろう。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

BCG 次の10年で勝つ経営

ボストン コンサルティング グループ(編著) 日経BP・日本経済新聞出版本部

よきリーダーは哲学に学ぶ

アリソン・レイノルズ CCCメディアハウス