2015年4月号掲載

何が起こっても一瞬で対処できる上司が使う50のキーワード

リーダーシップスキル・能力開発
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

部下の能力を引き出し、正しい方向へ導くのが上司の務め。だが、頭ではわかっているのにうまくいかない…。こうした悩みは、上司として知っておくべき“キーワード”を知らないことが原因だとし、「共有」「選択と集中」といった、選りすぐりのキーワードを紹介する。これらを知り、活用することで、判断がスムーズになり、より良い選択ができるようになるという。

要約

一流の上司とは何かを知っているか

 私が専門にしているのは、「インバスケット」という究極のアウトプットツールである。

 これは1950年代に米空軍で活用され始めた教育訓練ツールである。軍の教育機関で士官やパイロットに教えた知識が、実際に戦場で活用することができるかを測定するためのツールだ。

 今、インバスケットは多くの企業の管理職登用試験やリーダー育成の訓練に活用されている。

 このトレーニングを受けた多くの方が気づくのは、時間内にアウトプットする難しさである。

 例えば60分で20案件を処理するインバスケットに挑戦した時、案件に対して何をすればよいかはイメージできるが、部下に具体的な指示を出せず、アウトプットできないという結果に陥る。

 それは、アウトプットするために必要な「キーワード」を知らなかったからだ。

 キーワードは頭の中での判断をアウトプットするために必要な要素である。例えば、「定性的」と「定量的」の違いをわからなければ、情報の扱い方もわからないし、「戦術」と「戦略」の違いを知らなければ、長期的な作戦を立てられない。

 これらのキーワードを知っておくことは、上司としての武器となる。キーワードを頭に浮かべてそれを選択する方法をとれば、判断もスムーズにでき、そして何より、いくつかのキーワードと比較してより良い選択をすることができる。

 そんなリーダーのためのキーワード。それは、例えば、次のようなものだ。

リーダーシップ

 リーダーシップとは、メンバーに意識づけをして、正しい判断を行い、方向を合わせることだ。

 ここで勘違いされやすいのは、上司になればリーダーシップを発揮できるという思い込みだ。例えば、課長という職位があればメンバーをまとめられる、という考えは二流の上司の考え方だ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)

よきリーダーは哲学に学ぶ

アリソン・レイノルズ CCCメディアハウス

外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント

山口 周 大和書房