2014年3月号掲載

フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか

起業家・人物文化・思想・歴史
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

イケメンにして、超絶技巧のピアニスト、フランツ・リスト。演奏を聴いた女たちは、彼が脱いだ手袋を奪い合い、舞台には宝石が投げ込まれたという。その熱狂の背景には、フランス革命後、主流となったブルジョワ的価値観の文化がある。音楽に精神性ではなく快楽を求め、集団化する聴衆。これら現代に通じる19世紀の特性を踏まえ、リストという人間を紐解く。

要約

神童の神話

 何が女たちを狂わせたのか。

 彼が脱ぎ捨てた手袋を奪い合い、花束の代わりに宝石が投げ込まれ、舞台に花吹雪を降らせるために、街中の公園から花がむしりとられた。

 彼の名は、フランツ・リスト。

 過去から未来における、全てのピアニストを凌駕し、その頂点に君臨するピアニストである。

 とにかく、モテた。端正な顔立ち。厳かで、強い意志を感じさせる眼差し。だが、ただのイケメンではない。ピアノに向かえば、圧倒的な超絶技巧と、夢見るような甘い旋律に誰もが息を飲んだ。

 ところが、これだけの人物にもかかわらず、その生涯は一般にほとんど知られていない ―― 。

神童の出現

 1811年10月22日。父アダム、母アンナのひとり息子として、リストは生まれた。

 父は、ハンガリーの豪族エステルハージ家に仕える役人で、音楽愛好家でもあった。

 幼いフランツは生まれつき病弱で、両親は死を覚悟して棺を作らせたこともあったという。

 その不安を一転させたのが、わが子の才能だ。

 父の日記に、その神童ぶりが描かれている。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)

スモール・イズ・ビューティフル

E・F・シューマッハー 講談社(講談社学術文庫)

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集

石角完爾 集英社