2014年9月号掲載

史上最大の決断

起業家・人物リーダーシップスキル・能力開発文化・思想・歴史
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

ノルマンディー上陸作戦 ―― 第2次世界大戦の勝敗を決定づけた史上最大の作戦は、「賢慮のリーダーシップ」が成功をもたらした。天才政治家チャーチルはじめ、多彩なリーダーたちが下した戦場の決断。彼らの意思決定の軌跡を追いながら、「最善の決断」を下すために必要な能力は何かを問う。経営学の世界的権威による、「危機の時代」のリーダーシップ論。

要約

史上最大の作戦

 戦争における史上最大のプロジェクトは、第2次世界大戦の勝敗を決定づけた、ノルマンディー上陸作戦(北部フランスへの侵攻作戦)である。

 計画から実行まで2年2カ月を費やし、従軍した将兵は、アメリカ軍とイギリスおよびカナダ軍を中心に約300万名に及ぶ。

 1944年6月6日に敢行された上陸作戦の日、13万3000名の将兵と、1万4000台の各種車両などが、6000隻もの艦船舟艇により、ノルマンディーの海岸に運び上げられた。

上陸作戦に関与した多士済々

 ノルマンディー上陸作戦には、各国の政治家が作戦の計画から決行に至る戦略に深く関与した。

 戦略は、「国家の資源をどう使うか」を決める大戦略、「今ある武力でどう戦うか」を決める軍事戦略、「いつ、どこでどんな戦いを行うか」を決定する作戦戦略の3つに分かれる。

 連合軍の大戦略に関わったのは、英首相ウィンストン・チャーチル、合衆国大統領フランクリン・D・ルーズベルト、そして自由フランス議長のシャルル・ド・ゴール、ソビエト連邦共産党書記長ヨシフ・スターリンであった。

 この4名に対峙したのが、ドイツ総統アドルフ・ヒトラーである。

ばらばらだった連合国の大戦略

 ノルマンディー上陸作戦は、一筋縄ではいかなかった。それには、連合国の政治戦略、つまり大戦略が一枚岩ではなかったことが関係している。

 チャーチルは、ドイツ軍の占領地域に直接上陸するノルマンディー上陸作戦には乗り気でなかった。そうした「直接戦略」よりも、北アフリカや地中海方面からバルカン半島経由でドイツを攻める「間接戦略」を主張した。

 アメリカは日本の真珠湾攻撃によって大戦の当事者になった。太平洋での対日戦、欧州での対独戦。2つの戦争を別々にこなすことの負担は大きく、ドイツ打倒を優先したいと考えていた。

 スターリンは、英米は自らの手を汚さず、ソ連だけにドイツと勝負させているのはけしからん、あわよくば独ソの共倒れを狙っている、という疑心暗鬼に駆られていた。その彼が唯一評価したのが、ソ連の負担が減るノルマンディー上陸作戦だ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)