仕事の思想

自己啓発人生論
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

人が仕事をするのは、単に生活の糧を得るためだろうか。もっと素晴らしい「何か」のためではないのだろうか ―― 。人が働くことの意味。それは、1人1人が自分の人生と思索を通じて見つけていくしかない。本書は、その思索を深めるためのヒントを提供するもので、仕事の真の報酬とは何かなど、様々なテーマについて、著者自身のエピソードを交えつつ語る。

要約

我々が抱くべき「仕事の思想」とは?

 なぜ我々は働くのか。

 この問いに対する答えは、誰も教えてくれない。

 知人に聞けば、教えてくれるかもしれないが、その答えはあくまでも、その人にとっての答えだ。

 だから、我々自身が、日々の仕事に取り組みながら、「自分にとっての答え」を見つけていかなければならない。

 以下、そのためのヒントを示すと ――

思想/現実に流されないための錨

 我々は、仕事において苦労を体験する時、その仕事から逃げ出したくなることがある。そして、「楽な仕事」はないものかと考えてしまう。

 しかし、そうした時、我々は仕事を「パンを得るための手段」と考えている。そして、どうせパンを得るための手段であるならば、楽な仕事の方がよいと考えてしまうのである。

 それは、ある意味で「我々は生活の糧を得るために働く」という思想に他ならない。

 しかし、こうした「仕事の思想」が、逆に、我々から本当の仕事の喜びを奪ってしまっている。生活のために自分の労働力を切り売りしているという感覚は、我々の人生を色褪せさせてしまう。

 我々が一生懸命に仕事をするのは、決して生活の糧を得るためでも、生き残るためでもない。もっと素晴らしい「何か」のためではないだろうか。

 その何かを見いだすためには、深みある仕事の思想が求められる。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)

儒教とは何か 増補版

加地伸行 中央公論新社(中公新書)