戦略「脳」を鍛える

スキル・能力開発
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

“ポーター”を読んだだけでは勝てる戦略は作れない! ── こんな挑発的な言葉が本書の帯に書かれている。では、どうすれば勝てる戦略を立案できるのか? 本書の答えは、「戦略の知識に加えて、プラスアルファの能力“インサイト”が必要」というもの。ボストン・コンサルティング・グループが持つノウハウの中核部分が初めて明かされる!

要約

「勝てる戦略」には何が必要か?

 戦略論を学ぼうという人は多い。しかし、戦略論を勉強するだけでは「勝てる戦略」はできない。

 「勝てる戦略」を作るためには、アカデミックな勉強だけでなく、ある種の“頭の使い方”を身につける必要がある。

 マイケル・ポーターに代表されるアカデミックな戦略論は、企業の勝ちパターンを定量的に分析し、何らかの枠組みとして提示したものだ。

 従って、その枠組みを「定石」として学ぶことは「イロハのイ」となる。囲碁や将棋の初心者が、定石・定跡から学び始めるのと同じである。

 ただし、定石・定跡を学ぶだけでプロになれるわけではない。経営戦略にも同じことが言える。

 そもそもアカデミックな戦略論のほとんどは、企業の過去の成功例を「後講釈で定石化する」ことで成り立っているため、将来の勝ちパターンがそこから自動的に導き出されるわけではない。

 誰かが成功パターンを見つけると、すぐにマネされ、その戦い方では差別化できなくなる。すると、別の誰かがユニークな戦い方を考案して、勝ちを収める。

 囲碁や将棋の定石と同様、経営戦略も発見・摸倣・陳腐化・イノベーションを繰り返すのが特徴で、「定石を超えた戦い方のイノベーション」こそが、戦略の本質なのである。

 つまり、戦略論という定石を知った上で、新たな戦い方を作り上げる「プラスアルファの能力」を身につけた者だけが、自らを差別化し、競合優位に立つことができるのである。

 この能力をボストン・コンサルティング・グループでは、「インサイト」と呼ぶ。それは「勝てる戦略の構築に必要な頭の使い方、ならびにその結果として得られるユニークな視座」のことである。

      • ユニークな戦略=定石+インサイト

 このインサイトは、「スピード」と「レンズ」の2つの要素から成り立っている。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)

外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント

山口 周 大和書房

SUPER MTG スーパー・ミーティング

スティーヴン・G・ロゲルバーグ サンマーク出版