2024年2月号掲載

SWITCHCRAFT(スイッチクラフト) 切り替える力 すばやく変化に気づき、最適に対応するための人生戦略

Original Title :SWITCHCRAFT:Harnessing the Power of Mental Agility to Transform Your Life (2022年刊)

SWITCHCRAFT(スイッチクラフト) 切り替える力 すばやく変化に気づき、最適に対応するための人生戦略 ネット書店で購入
閉じる

ネット書店へのリンクにはアフィリエイトプログラムを利用しています。

※『TOPPOINT』にお申し込みいただき「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

私たちは目標に向け、“やり抜く”ことを美徳としがちだ。しかし、1つのやり方にこだわると、変化に対応できなくなる。複雑で、先が見えづらい今の世界で重要なのは「切り替える力(スイッチクラフト)」。状況に応じ、最適に対応する、このスキルの鍛え方を、認知心理学の世界的権威が説く。人生の困難に対処し、幸せに生きる上で示唆に富む1冊。

要約

レジリエンスと「切り替える力」

 〈スイッチクラフト〉とは、複雑で予測不能な世界を生きる上で必要な「切り替える力」だ。自分のウェルビーイング(心も身体もすこやかで幸せを実感できる状態)を高めるには、変化に受け身で対応するのではなく、人生への取り組み方を臨機応変に変えていかなければならない。

レジリエンスとは何か

 どんな困難に直面しようと、やすやすと乗り越えているように見える人がいる。「レジリエンス(立ち直る力)」が高い人は、どこが違うのか?

 レジリエンスとは、「ストレスに影響を受けない」ことではない。人生が一変するような状況やストレスに直面した時、「適応するために行動を起こし、それを継続していく力」だ。

 レジリエンスの要因は、自分の内面にある場合も、周囲の環境にある場合もある。上司からパワハラを受けているのなら、瞑想は効果的な戦略ではない。別の上司の下で働けないか検討する方がいいはずだ。対照的に、化学療法のストレスに対処するのなら、必要なのは瞑想かもしれない。

 このように、レジリエンスのプロセスでは、状況によって異なる解決策が求められる。「切り替える力(スイッチクラフト)」を発揮できれば、困難な状況に対処できる確率が高まるだろう。

どれほどすばやく切り替えられるか

 大切なのは、ストレスの対処法に幅をもたせることだ。米国の心理学者アブラハム・マズローは、「手元にある道具が金槌だけなら、すべての問題が釘に見えてくる」と言った。私たちは、よりよい方法を検討せずに、簡単に入手できる道具で問題を解決しようとするということだ。

 同じことは、思考プロセスにも当てはまる。同じ問題を頭の中で延々と考えていれば、事態はたいてい悪化する。ある時点で外の世界に解決策を探すべく、思考を切り替えなければならない。

 

すばやく柔軟に対応する

 「切り替える力」第1の柱は、「すばやく柔軟に対応する」である。

この本の要約を読んだ方は、
他にこんな本にも興味を持たれています。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集

石角完爾 集英社

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

中国古典の名言・名句三百選

守屋 洋 プレジデント社