2023年2月号掲載

1位思考 ――後発でも圧倒的速さで成長できるシンプルな習慣

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

バッテリーや充電器などでオンラインシェア1位を獲得。創業9年目で売上300億円。後発ながら厳しい競争を勝ち続けるアンカー・ジャパン。その飛躍を可能にした習慣と思考法を、同社CEOが語った。「負けないゲーム」をする、お客様の声を聞く、1%にこだわる…。披露される内容はシンプルで、実践すれば誰でも1位になれる!

要約

後発でも1位になれる習慣

 私は、Anker(アンカー)グループの日本法人、アンカー・ジャパン株式会社のCEOをしている。

 アンカー・ジャパンは2013年に創業。初年度の売上は約9億円だったが、8年後の2021年に300億円を達成。モバイルバッテリーや充電器などで国内オンラインシェア1位を獲得している。

 バッテリーや充電器は、いわゆるコモディティ製品である。また、アンカー・ジャパンが参入しているのは、「3LOW」(Low Passion=消極的な購買姿勢、Low Recurring Rate=低いリピート率、Low Average Selling Price=低い平均販売価格)といわれる極めて難しい市場である。

 そんな市場で、なぜ後発のアンカー・ジャパンは勝ち続けているのか。その秘密を読み解くキーワードが「1位思考」である。後発でも逆転を可能にする思考法だ。そして、次のような習慣を身につければ、誰でも1位になれる。例えば ――

 

全体最適の習慣

 会社の業績は、個人の力の集積だ。全社員が同じ目標に向かって進んだ時、業績は最大になり、個人も大きく成長する。従って、仕事で私が一番大切にしているのは、「全体最適の習慣」だ。

負けないゲーム

 企業が将来にわたって事業を継続するには、「負けないゲーム」をすべきである。

 新規事業を次々に立ち上げ、「ホームランか三振か」の勝負を続けるのはリスクが大きい。一方、ヒットだけコツコツ打っても成長は遅い。理想はヒットを重ねて利益を上げつつ、ホームランを狙うこと。アンカーグループでいえば、充電器などのコア事業で利益を確保しつつ、新たにスマートプロジェクターなどに挑戦するイメージだ。

 「負けないゲーム」と聞くと保守的な印象を受けるかもしれないが、攻撃は最大の防御であり、攻撃手段は多い方がいい。

激戦市場でも“後発で”1位になるには?

 アンカーはノートPCの交換用バッテリーからスタートした。当時のバッテリーは1万円程度の純正品と、1000円程度で品質は不安定、保証もない製品とに2極化していた。そこで、3000円程度で保証付きの良品を出せば売れると考えたのだ。

この本の要約を読んだ方は、
他にこんな本にも興味を持たれています。

共感経営 「物語り戦略」で輝く現場

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

ビジョナリー・カンパニー 弾み車の法則

ジム・コリンズ 日経BP

パーパス経営 30年先の視点から現在を捉える

名和高司 東洋経済新報社

BCGが読む経営の論点2022

ボストン コンサルティング グループ(編) 日経BP