2022年5月号掲載

世界96カ国で学んだ元外交官が教える ビジネスエリートの必須教養「世界の民族」超入門

国際・世界情勢文化・思想・歴史

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

世界史とは、民族問題の歴史である ―― 。中国における非漢民族への弾圧、ロシアのウクライナ侵攻、米国の人種差別…。世界で起きている問題を真に理解するには、出来事の根本にある「民族」について知る必要がある。今日の必須教養といえる民族の知識。そのポイントを、90余りの国々で学んだ元外交官がわかりやすく説く。

要約

民族とは何か

 今日、世界で起きている問題のほとんどは、「民族」の問題と関係がある。紛争、格差、人種差別、ナショナリズムの台頭…。すべては民族を理解しているか否かで視座が大きく変わってくる。

「民族=人種」ではない

 民族とは何か。その定義は難しく、実は曖昧なものである。研究者による解釈もいろいろで、人種(race)の意味合いを含む場合もある。

 人種とは、骨格、皮膚、毛髪、目の色などの外形的形質によって分類した集団である。代表的なものにコーカソイド(白人)、ネグロイド(黒人)、モンゴロイド(黄人)などがある。

 だが、人「種」といっても、生物学的な「種(species)」とは違う。同じDNAを持っていても、環境に適応するために姿形は変わる。

 最近では「生物学的にいえば人種という区分は存在せず、どの人種も等しくホモ・サピエンスである」という考え方が学術的に正しいとされる。

「民族=国籍・国民」ではない

 では、「民族=国籍・国民」か。日本は、日本民族と日本国民の同一性が高いため、「民族も国民も同じだ」と区別しない人が多いが、世界には「民族=国籍」に、違和感を覚える人の方が多い。

 歴史を100年、200年遡れば、「国」の形は現在とまったく違っている。

 例えば今のインドネシアは、200以上の民族が住み、多様な言葉を話していた地域の一部を、オランダが人工的に「インドネシア」という国にまとめた。だが、住民にすれば形式的なことで、国家への帰属意識は当初はなかなか持ちにくかった。

 このように「民族」という言葉の定義には様々な見方がある。本書では、次のように定義する。

 「言語や文化、生活習慣、血縁等に関して、同胞仲間意識が広まっている集団。流動性・多層性などの特性を持つ」

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

共感経営 「物語り戦略」で輝く現場

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

「世間」とは何か

阿部謹也 講談社(講談社現代新書)

ポピュリズムとは何か 民主主義の敵か、改革の希望か

水島治郎 中央公論新社(中公新書)