2021年11月号掲載

BCG「最強」を超える戦略 不確実な時代を勝ち抜く9原則

Original Title :BEYOND GREAT:Nine Strategies for Thriving in an Era of Social Tension, Economic Nationalism, and Technological Revolution

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

資本主義がもたらす気候変動リスクと格差拡大、経済ナショナリズムの激化、テクノロジー革命…。世界の経営環境が大きく変わる中、企業は「これまで“最強(グレート)”とされていた戦略」だけでは生き残れない。こう指摘するボストン コンサルティング グループのコンサルタントが、変化の時代で勝つための9つの戦略を提示する。

要約

世界を変えている「3つの力」

 2016年、世界経済フォーラムで「グローバリゼーションは死んだ」という指摘がなされた。

 当時、世界中の多くの経営幹部がまだグローバリゼーションとグローバル成長について強気の見方をしていた中で、これは衝撃的な主張だった。

 興味をそそられた私たちは研究調査を開始した。そこでわかったのは、グローバリゼーションは死んだわけでも、死にかけているわけでもないことだ。国境を越えたデータの流通、海外旅行者数など、グローバル統合は実際には加速していた。

 一方で、ゲームのルールは根本的に変化し、脅威だけでなく新しい機会をも生み出していた。一部のグローバル企業は成功していたが、それはリーダーたちがそうした機会を見逃さず、組織の適応やレジリエンス(回復力)の向上を推進していたからだ。その他の企業は受動的で、以前ほど有効ではない従来の戦略にしがみついていた。

 この調査結果をもとに突き止めたのが、グローバルビジネスの本質を変容させた3つの力である。

①自然環境保全と資本主義への不満

 第1の力は、関連性のある2つの変化が引き金となって生じる社会的緊張である。

 1つは、自然界の生態系にかかる負荷の増大。もう1つは、資本主義に対する不満の高まりと、その結果としての不平等だ。

 工業化は自然界と天然資源をひどく枯渇させ、気候変動や汚染の蔓延を引き起こしてきた。市民は長い間、環境保全は政府の役割だと考えてきたが、今では企業にも行動するように求めている。

②経済ナショナリズムの激化

 第2の力は、経済ナショナリズムの高まりと、米国の覇権の後退が進んでいることだ。

 米国は依然として経済、軍事、技術の面で強い力を持っているものの、世界全体のGDPに占める中国の割合は2000年以降で3倍になった。米中間の競争の激化は、両国の経済だけでなく世界にも影響を及ぼしている。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営 「物語り戦略」で輝く現場

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

ビジョナリー・カンパニー 弾み車の法則

ジム・コリンズ 日経BP

パーパス経営 30年先の視点から現在を捉える

名和高司 東洋経済新報社

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

酒井大輔 日経BP