2021年9月号掲載

THE LONELY CENTURY なぜ私たちは「孤独」なのか

Original Title :THE LONELY CENTURY

健康・メンタルヘルス・医療社会・政治

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

著者いわく、21世紀は「孤独の世紀」。世界中の人々が孤独を感じ、深刻な問題が生じているという。拍車をかけたのがコロナ禍だ。コンタクトレス化が進む買い物、スマホ中心の人との交流、リモートでの仕事…。身の回りには、孤独の原因があふれている。それらがもたらす“孤独危機”の実態と、その向き合い方を解説する。

要約

孤独の世紀

 新型コロナのパンデミックにより、無数の人が自宅に缶詰め状態となり、リモートワークを強いられ、友達や家族を訪ねることもできない。

 世界中の「こころの電話相談」には、相談が急増。心理学者によると、「ほとんどの相談者は、感染よりも孤独を恐れている」という。

 だが、孤独の世紀はもっと前から始まっていた。

 コロナ禍の前から、米国の成人の61%が自分は孤独だと考えていた。ドイツでは人口の68%が、孤独を深刻な問題だと考えている。英国では孤独の問題が深刻になったため、2018年にテリーザ・メイ首相(当時)が“孤独大臣”というポストを新設している。

 そして数カ月にわたるロックダウンと自主隔離が、この問題をさらに悪化させた。世界中の人々が、孤独だと感じている。私たちは今、グローバルな孤独危機に見舞われているのだ。

コンタクトレス(非接触)の時代

 コロナ禍の前から、“コンタクトレス”は、現代人が積極的に選択するライフスタイルになりつつあった。

 “コンタクトレス・コマース”は、2019年秋の時点ですでに成長しつつあるトレンドだった。どの店もセルフレジを設け、実店舗に行かなくても、食料雑貨から処方薬まで自宅に届けてくれるショッピングサイトとアプリも増えていた。

 コロナ禍は、こうしたトレンドを一気に爆発させた。これが長期的に何をもたらすのかを、現時点では予測できない。ただ、新しい習慣は一度つくられると、あっという間に根を張るものだ。

 もっと危険なのは、コンタクトレスでできることが増えるほど、他人とつながる方法を学ぶ機会が失われることだ。私たちはお互いのことをますます知らなくなり、その結果、お互いのニーズや願いに無関心になる危険がある。

一緒にいるけど、一人ぼっち

 221回。これは現代人が1日にスマートフォンをチェックする回数だ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)