2021年7月号掲載

世界最速ビジネスモデル 中国スタートアップ図鑑

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

近年、中国のスタートアップ企業は史上最速ともいえる急成長を遂げている。それを可能にしたのが、彼らの秀逸なビジネスモデルだ。顧客の口コミが顧客を呼ぶプラットフォームを構築、オールインワンのアプリであらゆるサービスを提供…。ユニークなスタートアップの事例から、好循環をもたらす成長のロジックを解き明かす。

要約

有史以来の急成長

 中国のスタートアップ企業の躍進には目を見張るものがある。有史以来、最速のスピードで巨大化しているといっても過言ではない。

 彼らが急成長を成し遂げられた理由は何なのか? 一般に、次の3つの点が挙げられる。

①中国の社会・経済・文化

 第1に、中国の社会・経済・文化がデジタル技術とマッチして、企業の成長を促したことである。中国の人口は日本の約10倍、市場の規模が巨大なので伸びしろが大きい。

②中国のエコシステム

 第2に、ビジネス生態系である「エコシステム」が発達し、スタートアップのインフラが整ったことだ。エコシステムとは、出資者、パートナー、供給業者や顧客から成り立つ協調的ネットワークのこと。このエコシステムの発達により、中国では早い段階から通信インフラ、決済や物流のインフラが急速に整えられた。それゆえ、後に続くスタートアップ企業は、少ない投資で一気に規模を拡大できるチャンスを得たのだ。

 中国では、1990年代にインターネット革命が起こり、テンセントやアリババが生まれた。これらの企業抜きには、「有史以来の最速成長」は語れない。彼らは自ら先頭に立って様々なイノベーションを起こすと同時に、巨大なエコシステムを築き上げ、後に続くスタートアップを支援する役割も果たしている。

③中国のビジネスモデル

 第3に、ビジネスモデルの秀逸さがある。ビジネスモデルとは、「どのような価値をいかに創造して顧客に届け、自らの収益として獲得するかを論理的に記述したもの」だ。中国企業は、グローバルな視野でお手本にすべき秀逸なモデルを徹底して模倣し、独特のビジネスモデルを創新した。

 本書では、第3の「中国のビジネスモデル」に焦点をあてて、スタートアップ企業の成長のロジックを解明していく ―― 。

美容外科のプラットフォーム

 「シンヤン:So-Young」は、中国最大の美容医療プラットフォームで、2013年に起業家の金星(ジン・シン)さんによって設立された。

 その急成長のプロセスは、次の通りである。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

ビジョナリー・カンパニー 弾み車の法則

ジム・コリンズ 日経BP

パーパス経営 30年先の視点から現在を捉える

名和高司 東洋経済新報社

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

酒井大輔 日経BP

BCGが読む経営の論点2022

ボストン コンサルティング グループ(編) 日経BP