2021年3月号掲載

リ・イノベーション 視点転換の経営

イノベーション企業・業界事例
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

既存の知識や資源を従来とは違う視点で読み替え、イノベーションをやり直す。この「リ・イノベーション」という新たな価値創造の概念を論じた書だ。オープン・イノベーションやダイバーシティ経営などを、知識・資源をとらえ直すための戦略活動と位置付け、眠っている価値を引き出し、リ・イノベーションを実現する道筋を示す。

要約

「リ・イノベーション」という視点

 イノベーションとは、新しい製品・サービス、新しい事業システムなどの開発を通じて、社会的・経済的価値を創造していくプロセスを指す。

 このようなイノベーションについては、これまで多くの研究や経験が積み重ねられてきたが、ある重要な視点が見落とされていた。それが、「リ・イノベーション」という視点である。

リ・イノベーションとは何か

 リ・イノベーションとは、「イノベーションをやり直す」という意味である。

 新しい何かを生み出すという意味のイノベーションではなく、すでに存在している知識・資源や製品・サービス等を改めてとらえ直すことで新たな価値を見いだし、イノベーションを再起動させていくことを指す。

様々なリ・イノベーション

 では、それはどのようにすればよいのか。

・技術の読み替え

 企業が持つ知識・資源の1つとして、技術がある。技術はイノベーションの重要な源泉だが、そのすべてが有効に活用されているわけではない。そうした技術を新しい視点から読み替えることで、イノベーションを再起動することができる。

 例えば、インクジェット・プリンタ。この製品を手掛けるキヤノンでは、インクジェット技術が開発された当初、印字のきれいさやスピードの点で、当時市場化されていたレーザービーム・プリンタには到底かなわないとみなされていた。

 だが、同社はこの技術を多様な角度から読み替えることで、小型化やカラー化という新たな価値を見いだした。その結果、小型プリンタやカラープリンタ、さらに複写機のエンジンとしても利用され、同社の成長を支える一大事業に発展した。

・製品・サービスのとらえ直し

 リ・イノベーションは、既存の製品・サービスの意味や役割・機能などを新しい視点からとらえ直すことによっても生み出される。

 例えば、大塚製薬のポカリスエット。もともと日本においてスポーツ後の喉の渇きを癒やす飲料として普及していたが、同社はそれを東南アジア、特にインドネシアに展開するにあたって、その意味付けを大きくとらえ直した。

 熱帯の気候下では、一般の人はスポーツをして汗を流そうとはしない。そこで新たに注目したのが、インドネシアの風土病であるデング熱による脱水症状や、人口の9割近くを占めるイスラム教徒の戒律の1つである断食の際の水分補給だ。ポカリスエットは、そうした新しい視点から価値をとらえ直すことで、同国で大きな市場を獲得できた。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

酒井大輔 日経BP

ビジョナリー・カンパニー 弾み車の法則

ジム・コリンズ 日経BP

両利きの経営

チャールズ・A・オライリー 東洋経済新報社

いかなる時代環境でも利益を出す仕組み

大山健太郎 日経BP