2021年3月号掲載

見えない手

Original Title :HIDDEN HAND:EXPOSING HOW THE CHINESE COMMUNIST PARTY IS RESHAPING THE WORLD

国際・世界情勢社会・政治
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

副題「中国共産党は世界をどう作り変えるか」。習近平政権下の中国共産党の世界観、同党による影響工作を体系的に説く。「一帯一路」構想を通じた中国中心の世界秩序の構築。その実現のために用いられている、味方と敵を心理的に操るテクニックなど、巧妙な手口を暴露。2020年刊の原著は世界的なベストセラーになっている。

要約

中国共産党の野望の全体図

 民主主義の自由は歴史に裏打ちされたものであり、いずれ世界のあらゆる場所で勝利するだろう ―― 。

 これまでそう信じられてきたが、ここ20~30年の世界の出来事が教えているのは、もはやこのような前提が通用しなくなったということだ。

 民主主義には強力な敵が存在する。それは、中国共産党に支配されている中国である。

中国共産党にとって冷戦は終わっていない

 欧米の専門家たちは中国について、「ライバル」なのか、それとも「敵」と呼ぶべきか、議論し続けてきた。一方、中国共産党は、この問題をすでに30年前に決着させている。

 当時の中国共産党は、ソ連崩壊後の世界で、周囲が敵に囲まれてしまったことを認識した。それ以来、今日まで敵対勢力とのイデオロギー闘争を続けている。中国共産党にとって、冷戦は一度も終わったことはない。

中国共産党の支配を強めるために

 世界の同盟関係をつくり変えることは、共産党にとって中国を世界一の国にするために不可欠だ。その計画を実行するにあたって、党は西洋諸国のエリートが中国の支配を歓迎し、中国の台頭が不可避であることを受け入れるよう仕向けてきた。

 いくつかの国では、中国系移民の富と政治力を動員して、批判者を黙らせている。また、中国はその莫大な経済力を背景に、非道なゴリ押しをしたり、外交面での圧力をかけたりしている。

 例えば2019年、米バスケットボールチーム、ヒューストン・ロケッツのジェネラルマネージャーが香港の民主化運動デモを支持するツイートをしたところ、北京はすぐに反発した。中国でのロケッツの試合の放映はすぐに中止され、スポンサーも撤退した。全米バスケットボール協会(NBA)は、中国という巨大市場を守るため、中国共産党に媚びるような謝罪文を発表している。

「一帯一路」構想の真の目的

 「一帯一路」構想として知られる、北京の海外インフラ投資の巨大プログラム。これは「経済的な国策」であり、正確に言えば、経済的な恐喝だ。

 その目的は、中国の余剰資本への新たな投資先の提供や、貧しい国々への支援に留まらない。この構想は北京にとって、世界の地政学体制を再編する最大のツールなのだ。

 習近平は自身が唱える「人類共通の運命共同体」を構築するビジョンに不可欠なものとして、一帯一路構想に繰り返し言及している。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

ポストコロナの経済学

熊谷亮丸 日経BP