2021年2月号掲載

BCGが読む経営の論点2021

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

コロナ禍で同時に進行する、景気後退と経済の構造変化。この変化に対応し、競争力を強化するための経営変革の道筋を提示した書だ。働き方の変化を踏まえた抜本的なコスト見直し、顧客を起点とした「アジャイル」の全社的展開…。構造変化をチャンスに転じる具体策が示され、改革の方向性を定め、実行する上で参考になる。

要約

競争力格差が広がる時代になすべきこと

 コロナ禍の下で加速する、社会・経済や個人生活の構造変化。その変化に対応し、ビジネスを進化させるために必要な変革とは ―― 。

経済の構造変化を企業にとってのチャンスにする

 ボストン コンサルティング グループ(BCG)の分析によると、過去、景気後退と経済の構造変化が同時に起きている期間には、企業間の競争力格差が広がる傾向が見られる。

 企業が変化に積極的に対応し、経営のあり方や顧客価値を高められれば、競争優位性の構築につながる。一方で、業績が悪化する中で対症療法に終始し、構造変化への対応が後手に回った企業は、縮小均衡、淘汰の道を歩むことになる。

 この意味で、コロナ禍は多くの企業にチャレンジを投げかけるが、同時に競争力強化のチャンスももたらしているといえよう。

変革の4つの方向性

 企業が経済の構造変化をチャンスとする上での1つのカギは、変化に対応するための変革の方向性を定めることだ。その方向性は次の4つである。

①不透明な経営環境への耐性を高める

 従来、「正確に先を読むこと」は企業経営の成功の条件とされてきた。その背景には、経営から不確実性を可能な限り減じることが、生産性の向上につながるという考え方があった。

 しかし、今後は想定外の事象が次々に発生し、不確実性の多くを減じることは不可能となるだろう。この環境下で大切なことは、「先を読む」から「先が読めないことを前提にした経営」に舵を切り、不透明な経営環境への耐性を高めることだ。

②デジタル活用で企業内・企業間での協働を強める

 事業環境が急速に変化する中で、企業が継続的に付加価値を実現するためには、協働のあり方を大きく進化させていく必要がある。

 そして、柔軟な協働を可能にするのが、デジタルの活用である。コロナ禍の下で進むリモートワークも、単に働き手の安全性や効率性を高めることにとどまらず、企業内・企業間の柔軟な連携をデジタルで高める機会とすることが重要だ。

③顧客との関係を進化させる

 今、コロナ禍により顧客のニーズや課題が大きく変化している。こうした状況の下、顧客との関係性をさらに進化させ、より良い顧客体験を提供できるかどうかが、企業の競争力を大きく左右する。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営 「物語り戦略」で輝く現場

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

ビジョナリー・カンパニー 弾み車の法則

ジム・コリンズ 日経BP

パーパス経営 30年先の視点から現在を捉える

名和高司 東洋経済新報社

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

酒井大輔 日経BP