直感で発想 論理で検証 哲学で跳躍

起業家・人物リーダーシップスキル・能力開発
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

新型コロナウイルスのショックで、世界中が混乱している。いまだ先行きが不透明な中、経営者に求められるのは“前例なき決断”だ。データや論理では詰め切れない中で決断しなければならない。そのために留意すべきことを、経営学の第一人者が説いた。不確実な未来に向け、跳躍するための「思考の筋道の基本」が示される。

要約

直感、論理、哲学、すべてを使う

 経営の決断は、単にデータを集め、論理で検証して判断するというだけではなく、不確実な未来に向かって“跳躍”するということに本質がある。

 まさに今、日本企業がしなければならないのは、コロナショックの巨大な不確実性の中での跳躍だ。待ったなしの前例なき決断を迫られている。

 では、決断する際の「思考の筋道の基本」、それはどのようなものなのか ―― 。

決断 = 判断 + 跳躍

 すべての決断の基本構造は似ている。それは、「発想し、論理的に検証し、最後に跳躍をする」という3ステップの構造である。

 まず、どんな行動をとるべきかについての「発想」が生まれる。そして、その発想が適切かどうかを「検証」する。それから、検証の結果を見て、人は何らかの行動をとろうと選択の判断をする。

 しかしそれは判断であって、まだ実行すると決めるわけではない。実行を開始すると心を決め、動き出すのが、「決断」というステップである。

 決断という言葉のニュアンスには、判断の上にさらに思い切ること、あえていえば跳躍すること、が加わっているのである。

発想のベースは直感

 第1ステップの発想とは、仮説を思いつくこと。「こんな工作機械があると、こんな部品をつくれるようになるのではないか」といった仮説である。

 この発想というステップで、中心的役割を果たすのは「直感」だ。

 といっても、あてずっぽうで考えていい、というわけではない。いい発想の前提として、基礎的な現実を把握するための情報収集は重要である。

 だが、観察やデータ分析をいくら積み重ねても、それだけではいい発想は生まれない。そうした基礎情報の蓄積の上に、何かが気になる。その気になることについて考え続けていると、こんなことをしたらいいのではないか、と発想が生まれる。その瞬間は、直感であることが大半だ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)

外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント

山口 周 大和書房

オフサイトミーティング

スコラ・コンサルト 対話普及チーム 同文舘出版