『論語』がわかれば日本がわかる

社会・政治文化・思想・歴史
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

上下関係はあるのが当たり前、ホンネとタテマエの使い分けは必要…。こうした「日本人らしい」とされる価値観は、どこから来たのだろう。本書いわく、江戸時代以降、『論語』や儒教を基に形成された。日本人の心に刷り込まれ、今もなお、私たちを無意識に縛るもの。その正体を、孔子らの教えを手掛かりに解き明かす。

要約

『論語』と孔子の教えについて

 われわれ日本人は、ある特徴的な「日本人らしい」行動様式を往々にしてとってしまう。では、この「日本人らしさ」は、どこで形作られるのか。

 心理人類学者の箕浦康子先生は、14、15歳までにどのような文化や環境に置かれていたかが、その人の文化的背景、つまり「〇〇人らしさ」を形作る決定的な要因だという。

 その文化の刷り込みがなされる代表的な場が、幼児・小学校教育。さらに社会人になり、伝統的な企業や官公庁に所属すると、その組織風土が、子供の頃に刷り込まれた価値観を強化する。

 こうした「教育」と「組織」の文化の中に、江戸時代より現代までずっと根を下ろし続けているのが、『論語』や儒教の教えである。

 『論語』の主人公ともいうべき孔子は春秋時代末期、周王朝の中頃に活躍した。周王朝は春秋時代が始まった頃には国の数が二百数十あったが、戦乱や下剋上で次第に淘汰され、後に秦が中国を統一する。孔子の思想は、この時代状況を反映した面がある。つまり、「平和で安定した秩序をうち立てるには、どうしたらよいのか」というのが、彼の抱いた問題意識だった。

 孔子は、うまくいっていた周王朝初期の政治体制を手本とし、その文化・社会制度を設計した政治家、周公旦を尊敬した。彼のつくった文化・社会制度の精神に立ち返れば、再び平和で安定した秩序を取り戻せる、というのが孔子の信念だった。

 こうした観点からは、彼の思想のもう1つの前提である、「過去の良きものにこそ手本があるとする保守主義」という側面が出てくる。

 また、下剋上や戦乱をやめさせたいわけだから、争い事は避け、礼に基づく上下関係を土台とした、安定した秩序を良しとする。さらに、礼に基づいた上下関係の中で、意見や諫言をすべき時はしつつも、最後には協調ができる「和」を貴んだ。

 こうした価値観は、そのまま江戸時代以降の日本人やその文化に、濃厚に刻印されていく。

 

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)

白人ナショナリズム

渡辺 靖 中央公論新社(中公新書)

絶望を希望に変える経済学

アビジット・V・バナジー 日経BP・日本経済新聞出版本部