2019年8月号掲載

任せるリーダーが実践している1on1の技術

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

「1on1」とは、上司と部下が、用事がなくても定期的に行う1対1の対話のこと。会社と社員の絆を深め、高業績につながるとされ、グーグル、ヤフーなどのIT企業が採用し、成果を挙げている。この1on1の導入を支援する著者が、効果や目的、管理職に必要なスキルなどを紹介。実践に役立つ知識を体系的に述べた、使える1冊だ。

要約

1on1って何だろう?

 今、「1on1ミーティング」が注目されている。

 これは、「上司と部下の間で、週1回~月1回、30分~1時間程度、用事がなくても定期的に行う1対1の対話」である。シリコンバレーを中心に、米国では多くの企業が1on1を実践している。

期待される効果

 1on1により期待される効果として、まず「会社と社員のエンゲージメント(絆・愛着)」がある。

 グーグル社が実施した、高業績チームの秘訣を探るプロジェクトで明らかになったことがある。それは、高業績に最も大きく影響を与える因子が「心理的安全性」であったことだ。

 「誰もが均等に話す機会がある」「自由に意見が言える」「否定されない」、これらの条件があることで初めてチームの業績が高まるのだ。

 このように、心理的安全性が業績に影響を与えることが明らかになったからか、近年、エンゲージメントが注目されている。絆・愛着が高まれば、次のような様々な副次的効果が期待できる。

    • ・組織のアジリティ(俊敏さ)とスピード向上
    • ・意欲向上
    • ・スキルアップ
    • ・問題の早期発見
    • ・リテンション(人材の維持・離職防止)など

1on1の目的とは:2つのサイクルを回せ

 1on1の目的は、短期的な業務の課題解決ではない。中長期的な自立的人材の育成、およびエンゲージメントの構築にある。

 その際、留意したいのが、次の2つのサイクルだ。

・経験学習サイクル

 まずは部下が仕事を通じて、成功や失敗などを経験し、それを内省する。内省を支援するのが「うまくいったポイントは何か?」「どうすれば失敗を避けることができたのか?」といった上司の「質問」である。すると、「あの時に早めに関連部署に相談すれば良かったな」などと、部下の頭の中にあるナレッジが引き出される。

 だが、それらはうまく言葉にならないことも多い。そんな時、上司は部下の言葉にならない思いを察し「要約・言い換え」で概念化を支援する。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

よきリーダーは哲学に学ぶ

アリソン・レイノルズ CCCメディアハウス