遊ぶ鉄工所

マネジメント企業・業界事例
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

今、「利益率20%を超えるIT鉄工所」として注目を集めるHILLTOP(ヒルトップ)株式会社を紹介。その経営手法は独創的だ。鉄工所なのに大量生産やルーティン作業をせず、職人も育てない。そして、ここ10年、右肩上がりで成長を続ける。働き方改革、生産性向上、人材育成…。経営問題の解決のヒントが詰まった同社について、副社長が語る。

要約

常識を覆す“夢工場”

 「ここは何の会社? 鉄工所? ありえない!」

 よくこう言われるが、当社は鉄工所である。

 「中小企業こそ本社の外観にお金をかけるべきだ」という信念から、2007年に京都フェニックス・パーク(京都府宇治市)に新社屋を建てた。

 「油まみれで汚い」という町工場のイメージを払拭。建坪600坪の5階建、東側は全面ガラス張り。外観はピンク色。徹底的に社員同士の対話と創造性を重視し、4階には皆が集まる社員食堂、最上階には筋トレルームや浴室もある。

町工場から夢工場へ

 当社HILLTOP株式会社(以下、ヒルトップ)の前身は1961年に私の父が創業した山本精工所。自動車部品を製造する小さな町の鉄工所だった。

 自動車メーカーの孫請だった油まみれの鉄工所は試行錯誤の結果、今や「多品種単品のアルミ加工メーカー」に。毎日同じ製品を大量生産していた町工場は「24時間無人加工の夢工場」に変身した。今、油まみれで働く社員は1人もいない。

 当社のビジネスモデルは、従来のものづくりとは一線を画している。鉄工所でありながら、「量産ものは、やらない」「ルーティン作業は、やらない」「職人は、つくらない」のだ。

 業界常識を一掃した生産システムによって、利益率は20~25%。一般的に、鉄工所の利益率は3~8%だから、これは驚異的な数字だろう。

 この10年間、売上、社員数、取引社数ともに右肩上がりだ。取引先は国内だけでなく世界中で、ウォルト・ディズニー・カンパニーやNASA(米航空宇宙局)なども含まれている。

ヒルトップが変えたもの

 多くの町工場が姿を消す中、当社が成長し続けているのは、凝り固まった業界の思い込みを捨て、従来の工場のあり方を大きく変えたからだ。

 私たちはいったい何を変えたのか?

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

酒井大輔 日経BP

BCG 次の10年で勝つ経営

ボストン コンサルティング グループ(編著) 日経BP・日本経済新聞出版本部