2017年2月号掲載

日本人として知っておきたい「世界激変」の行方

国際・世界情勢社会・政治
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

トランプ大統領の誕生、覇権主義的動きを強めるロシアと中国、「親中国」化が進む東南アジア…。大変動を始めた世界の捉え方、今後の動きを国際政治学者が解説。全ての構図は「グローバリズムの終焉」と、それに伴う「オールド(旧)/アンチ(反)/ネオ(新)・グローバリズム」という、3勢力の相克から読み解けると言う。

要約

トランプのアメリカで何が起きるか

 ドナルド・トランプ大統領の誕生は、世界を震撼させた。この結果を受け、様々な声が溢れた。「これからいったい何が始まるのか」「世界はどう動こうとしているのか」…。

 こんな時こそ、大局を見据えねばならない。背景にある大きな潮流がわからないと、事を見誤る。

 思えば、トランプ大統領の誕生も、英国のEU離脱を決めた国民投票も、近年の中露の覇権主義的な動きも、この大きな潮流 ―― 「グローバリズムの終焉」を見据えてさえいれば理解できた。

終末期に生まれた3つのグローバリズム勢力

 今、誰の眼にも明らかになっているのは、グローバリズムとはつまり、1980年代の米英の経済的苦境と日独の台頭を受けて、今一度アングロサクソンの覇権を取り戻すためにつくられた「神話」にすぎなかった、ということである。

 この動きは、さらに「冷戦の終結」から「ソ連の崩壊」へと至る流れを受けて、アメリカ一極体制下でのグローバリゼーションの進展が、あたかも未来永劫に続くかのような輝きを見せた。

 だが、それは幻想にすぎなかった。「一極支配」を完成させたかと思われていたアメリカは、その後間もなく、イラク戦争やリーマン・ショックなど大きな失策を繰り返し、一方で、アメリカ一極体制に挑戦しはじめた中露の反撃を招く。経済的にも、アメリカはじめ先進国での「格差」が広がる。そして、テロとの戦争が世界に広がり、難民が世界中に溢れ、不安と反感が地に満ちる。

 ここまで矛盾が噴出してくれば、世界はもはや耐えられず、大きく軋みだす。この状況下に、次の3つの勢力が生まれるのである。

①オールド(旧)・グローバリズム

 これまで世界の経済と政治の「グローバル化」を主導してきた大手金融機関や投資家、それを取り巻くメディアや主要先進国の既成政党などのこと。今回の米大統領選挙でヒラリー・クリントンを支持したようなエスタブリッシュメント勢力だ。

 しかし彼らは、このままグローバリゼーションの潮流を加速させてゆけば、民主主義社会にとって脅威になるようなテロや極右排他勢力を生み出していくことを強く懸念しはじめていた。

②アンチ(反)・グローバリズム

 ①の金融エスタブリッシュメントが法外な富を手にする反面で、職を失ったり薄給を強いられたりする人々と、その代弁者になろうとする勢力。

 2016年の米大統領予備選で民主党のバーニー・サンダースに共感を覚えたり、ヒラリーの「ウォール街の代理人」とされたイメージを強く嫌ったりした人々。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

スマホ脳

アンデシュ・ハンセン 新潮社(新潮新書)