2014年8月号掲載

嘘つき男と泣き虫女

Original Title :WHY MEN LIE AND WOMEN CRY

コミュニケーション・心理学人生論
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

42カ国でNo.1ベストセラーになった『話を聞かない男、地図が読めない女』の著者の第2作。「どうして男は嘘をつくの」「なぜ女は涙を武器にわがままを通すのか」…。世界中から寄せられた男女を巡る質問を基に、異性の行動を徹底分析。当たり前なのに今まで気づかなかった事実、目からウロコが落ちる話など、“異性の気持ち”を理解する手がかりが満載!

要約

女の言葉に込められた5つの秘密

 男と女の間の誤解や摩擦は、アダムとイヴが初めてけんかをした時から絶えることがない ―― 。

 私たちは10年ほど前から、男女のコミュニケーションの違いについて調べている。

 様々な国籍や人種の男性に話を聞いたところ、女のコミュニケーションについて、男は5つの疑問を抱いていることが判明した。

 さらに、5つの疑問の背後には興味深い秘密が隠されていることがわかった。この秘密がわかれば、異性とのコミュニケーションは円滑になる。

 そんな、男が抱く5つの疑問を紹介しよう。

①なぜ女はおしゃべりなのか?

 際限のない女のおしゃべり ―― それは、男がどうしても理解できないことの1つだ。

 原始時代の女は、他の女や子どもたちと集団を作り、行動範囲も広くなかった。集団生活をつつがなく送るには、仲間と密接な関係を築き仲良くすることが不可欠だ。だから女たちは、何でも一緒に行動し、たえずおしゃべりをして絆を深める。

 会話時の男女の脳のMRI画像を見ても、女の脳の方が、発話や言語関連の機能を活用している。

 女が1日にしゃべる言葉は、6000~8000語だという。これに対して男は、2000~4000語だ。

 この差が、男女のカップルに多くの摩擦を引きおこす。働いている男は、言葉の持ち分を午後の早い時間に使い果たしているのに、女はまだ4000~5000語も余力が残っている! だから女同士であれば、1日中おしゃべりをして別れた後、電話でさらに1時間も長話ができる。

 一方、男はもともと狩猟者であり、動き回る獲物を倒し、皆に食べさせてきた。こうしたことから、男の脳は「視覚・空間」領域が発達した。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

G・キングスレイ・ウォード 新潮社(新潮文庫)

最強の集中力

ニール・イヤール 日経BP