2011年11月号掲載

「怒り」のマネジメント術

自己啓発
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

カチンときて暴言を吐き後悔する、苛々して仕事が手につかない…。人はつまらぬことで怒り、そして、大切なものを失ったりする。厄介な、怒りという感情。本書は、これをコントロールする術を説く。披露される、瞬間の怒りを抑える「対症療法」と、怒りっぽい体質を変える「体質改善」は、誰もが行えるものばかり。実践すれば、ムダな怒りをぐっと減らせる!

要約

なぜ、人は怒ってしまうのか?

 「思いつきで仕事を振りやがって」と上司にムカつく。「急いでいるのに、ゆっくりレジ打ちをするなよ」とコンビニの店員にイラ立つ…。

 人は毎日、何かしら怒っている。怒りの感情だけならともかく、カッときて思わず言った言葉で、仕事や人生に支障が出たりすると問題だ。

 怒りによって不利益を被らないためには、怒りを何とかした方がよい。

意外と知らない怒りのメカニズムを知る

 怒りをマネジメントするには、まず、怒りはどのようにして生まれてくるかを知る必要がある。

 怒りの感情を覚える時、人は次の3段階を踏む。

【第1段階】

 出来事との遭遇

【第2段階】

 出来事の意味づけ

【第3段階】

 「怒り」の感情の発生

 第1段階の「出来事との遭遇」とは、何らかの出来事を目にする、誰かに何かを言われる、自分自身が何らかの体験をする、といったことだ。

 実はこうした出来事そのものが、私たちを怒らせるわけではない。例えば、駅のホームで並んで電車を待っている時、後ろから人が割り込む。その時、怒る人もいれば、何も感じない人もいる。

 出来事はあくまで出来事でしかない。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

G・キングスレイ・ウォード 新潮社(新潮文庫)