2010年3月号掲載

経営の教科書 社長が押さえておくべき30の基礎科目

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

著者は、ジョンソン・エンド・ジョンソンをはじめ、業種の異なる3社で社長を務めた新将命氏。氏は「業種業界に関係なく、企業経営の根幹の80%は、ほとんどどの会社も同じ」だと言う。そして、厳しい経営環境の今こそ“根幹”、すなわち原理原則を再確認することが重要だと指摘。半世紀近い自身のビジネス経験に基づく、30の「経営の原理原則」を披露する。

要約

経営の原理原則

 ビジネスのトレンドは、目まぐるしく変わる。マトリックス組織、リエンジニアリング、エンパワーメント…。その時々で様々な経営キーワードが流行るが、わずか1~2年で忘れ去られる。

 「不易流行」という言葉があるが、多くの企業は「流行」に踊らされるばかりで、肝心の「不易」、すなわち原理原則を忘れていないだろうか。

 厳しい経営環境の今こそ、一度立ち止まり、経営の原理原則は何かを改めて認識すべきである。

 以下、重要な原則をいくつか挙げると ――

理念・ビジョンは利益につながる

 経営の原理原則として最初に挙げなければならないテーマは、企業の「理念・ビジョン」である。

 なぜなら、理念・ビジョンを作成し、社内外に浸透させることは、「儲け」につながるからだ。

 かつて日本で、経営理念の有無と経常利益の関係について、20年間にわたって調査が行われた。

 その結果、経営理念のない企業の経常利益額は20年間で3.6倍にしかならなかったが、理念のある企業は7.8倍になっていたのである。

 自社をどんな会社にしたいかという夢やビジョン、誰のためにどう役に立つのかという使命感…。こういう哲学があると、単に利益を求める集団と比べ、社員ははるかに大きな仕事をするのである。

情熱なき経営者はすぐに去れ

 先見性、決断力、行動力…。経営者には様々な資質が求められるが、特に重要なのが「情熱」だ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営 「物語り戦略」で輝く現場

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

ビジョナリー・カンパニー 弾み車の法則

ジム・コリンズ 日経BP

パーパス経営 30年先の視点から現在を捉える

名和高司 東洋経済新報社

BCGが読む経営の論点2022

ボストン コンサルティング グループ(編) 日経BP