2008年2月号掲載

デッドライン仕事術

自己啓発スキル・能力開発
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

「早朝会議」で知られるトリンプ前社長、吉越浩一郎氏が、ホワイトカラーの仕事効率を上げる術を指南する。その単純明快な仕事術のみならず、判断の仕方やキャリアアップのための思考法等も紹介されており、“吉越式仕事術”の全てを知ることができる。日々の残業に辟易している人、判断が遅く機を逃している人など、多くのビジネスパースンの参考になるだろう。

要約

仕事のスピードを3倍にする

 なぜ、日本の会社は残業が多いのか。その原因は、ホワイトカラーの生産性が低いことに尽きる。

 ただし、ものづくりの現場である工場は高い生産性を保っている。なぜ、ブルーカラーにできることがホワイトカラーにできないのか?

 それは、ホワイトカラーと違って、工場の仕事は「効率の良し悪し」が誰の目にも見えるからだ。

 例えば、AさんからZさんまで26人の従業員が流れ作業で製品を作っているとする。そのうち25人は1時間に10の仕事がこなせるが、Jさんだけが5の仕事しかできない。すると、Jさんのところに半製品が溜まって作業が滞る。

 その状況を改善するには、Jさんに効率よく作業をさせるような工夫をするか、能力を持った人に交代させればいい。

 しかし、ホワイトカラーの仕事はそうはいかない。実際は工場と同じように流れ作業で動いているはずだが、全体の生産性が上がらない時、どこに半製品が溜まっているのかが見えないのである。

 従って、ホワイトカラーの生産性を上げるには、まずは各自の仕事の進捗状況を「可視化」することで、問題を顕在化させることだ。誰が流れを堰き止めているのかを明らかにしなければ、全体の作業を効率化することはできない。

生産性を下げている3つの問題点

 そもそも日本のホワイトカラーの生産性を下げている問題点は3つある。

 まず、「やる必要のない作業に多くの時間を費やしている」ことだ。

 例えば書類を作成する時、見栄えを整えることに熱心な人がいる。上司を説得するための資料までパワーポイントで作る。同じ内容を伝えるのに時間が余計にかかるなら、それは無駄でしかない。

 2番目は、「集中して仕事をしていない」ことだ。日本では皆が机を並べて仕事をしているので、話しかけられて作業を中断させられることが多い。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)