2006年1月号掲載

国家の品格

社会・政治文化・思想・歴史
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

現在、わが国では、グローバル化は推進すべき、との論調が主流である。そんな中にあって、この趨勢に闘いを挑み、“孤高の日本”たれと説く、異色の日本論。欧米社会の根底にある「論理」、そして「自由」「平等」といった概念の限界を明らかにするとともに、わが国古来の「情緒と形」の大切さについて述べる。今日本に必要なものを示し、日本人に自信を与える1冊だ。

要約

近代的合理精神の限界

 今、日本は荒廃しているとよくいわれる。だが、世界中の先進国は皆、似たような状況である。

 核兵器や犯罪、テロは確実に広がっている。家庭崩壊や教育崩壊も、先進国共通の現象である。

 この荒廃の真因は、一体何なのか?

 それは、西欧的な論理、近代的合理精神の破綻に他ならない。論理や合理は非常に重要である。しかし、人間はそれだけではやっていけない、ということが明らかになってきたのだ。

 例えば、帝国主義にはきちんとした論理が通っている。「お前たちは劣等な民族であり、自ら国を治められない。だから、優秀な民族である英国人が統治してあげる」という親切な論理である。

 1900年の時点の英国には、人格者も聖職者もいたはずだ。しかし、論理がきちんと通っていれば、後で振り返ると非道に思えることでも、なぜか人間はそれを受け入れてしまうのである。

 現在、世界を覆い尽くしつつある「競争社会」や「実力主義」も同じようなものである。組織は、無能な者をクビにして、新しい有能な者を採り続けるのが一番いい。論理的に筋が通っている。

 だが、それを徹底し始めたらどうなるか。同僚は全員ライバルになり、ベテランは新入りにノウハウを教えなくなる。従って、常に敵に囲まれているという非常に不安定な社会になってしまう。

 その好例が米国である。人口当たりの弁護士の数は日本の20倍、精神カウンセラーの数は50〜60倍。競争社会を徹底すると、そういう人々を大量に必要とする社会になるということである。

 「論理を徹底すれば問題を解決できる」という考え方は誤りである。論理それ自体に問題が内在するからだ。どんな論理であれ、論理的に正しいからといってそれを徹底していくと、ほぼ必然的に破綻に至る。その理由は、次の4つである。

① 論理の限界

 第1は、論理や理性には限界があるということである。すなわち、論理を通してみても、それが本質を突いているか否かは判定できない。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

ポストコロナの経済学

熊谷亮丸 日経BP

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

データでわかる 2030年 地球のすがた

夫馬賢治 日経BP・日本経済新聞出版本部(日経プレミアシリーズ)