2023年3月号掲載

これが「日本の民主主義」!

これが「日本の民主主義」! ネット書店で購入
閉じる

ネット書店へのリンクにはアフィリエイトプログラムを利用しています。

※『TOPPOINT』にお申し込みいただき「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

ジャーナリストの池上彰氏が、安保法制やメディアなど、様々なテーマから政治の変遷と問題点をわかりやすく解説。議論が足りないまま軍隊へ発展する自衛隊、数の論理で法案を押し通す与党…。国民の意思と無縁のところで決まる、「日本の民主主義」の姿を示す。国内外の政治が大きく揺れ動く今、手に取りたい1冊だ。

要約

日米安保条約から安保関連法まで

 戦後、大きく変わった日本の政治。国民は、「民主主義」なるものを米国から与えられたものの、十分に理解しないまま、次第に自己流の「民主主義」をつくり出していく。

 その積み重ねの歴史の上に、今がある。

「戦争ができない国にする」

 1945年、太平洋戦争は終結し、日本は連合国の占領下に置かれた。連合国軍総司令部(GHQ)の最高司令官マッカーサーは、日本に憲法の改正を指示する。連合国は、日本が二度と戦争を仕掛けてこない国にしようと考えたのだ。日本はGHQの草案をもとに憲法改正案を作成し、現在の日本国憲法ができあがった。

米国が方針を転換

 だが、1950年に朝鮮戦争が勃発すると、米国はその方針を変えざるをえなくなる。韓国支援のため、日本に駐留する米軍が朝鮮半島に送り込まれることになった。その結果、日本は軍事的な空白地帯となる。もしそこにソ連軍が攻めてきたら抵抗できない。

 同年7月、マッカーサーは総理大臣の吉田茂に「警察予備隊」の設立を命令。1952年に保安庁をつくり、警察予備隊を保安隊に改組する。1954年には保安庁は防衛庁になり、自衛隊が誕生した。

 軍隊ではない組織として誕生し、国内の治安維持が主目的だったはずが、いつしか自国防衛の組織となり、内実は軍事組織に発展する。これが自衛隊だったのである。

日米安全保障条約により駐留継続

 日本は、1951年に「サンフランシスコ講和条約」を米国などと結び、再び独立を果たした。そうなると、米軍は日本に勝手に駐留できない。その法的根拠としての条約が必要となり、日米安全保障条約が締結された。ただし、この安保条約には米軍が日本を守る義務が明記されていないなど、対等な立場の条約とはいえないものだった。

 そのため、岸信介は総理大臣就任早々に訪米し、改正の交渉を進める。その結果、日本が他国に侵略された場合の米軍の支援義務が加えられた。

新安保条約を強行採決

 1960年1月、新しい日米安全保障条約が調印された。条約が正式に発効されるためには、国会での批准手続きを経なければならない。

 同年2月、新安保条約を審議する安保特別委員会が衆議院に設置されるが、社会党議員らの激しい反対で審議は長引く。岸は、国会で新安保条約が承認された直後、アイゼンハワー大統領を日本に招き、批准書を交換することを計画していた。そのため5月19日深夜、強行採決に踏み切った。

この本の要約を読んだ方は、
他にこんな本にも興味を持たれています。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

ラ・ロシュフコー箴言集

ラ・ロシュフコー 岩波書店(岩波文庫)