2022年2月号掲載

コピーライティング技術大全 百年売れ続ける言葉の原則

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

商品・サービスが売れるコピーを書くには? コピーライティングを知り尽くした著者たちが、「インパクトのある見出し」「人を動かす文章の構造」等々、使いやすく、結果につながる技術、考え方を指南する。紹介されるコピーライティング技術は、総計100。まさに「大全」の名にふさわしい教科書であり、実践マニュアルだ。

要約

コピーライティングで売上が上がる理由

 本書で扱うコピーライティング技術は、「レスポンス広告」で活用するのが前提となる。

 レスポンス広告とは、売りたい商品を具体的に説明したもの。最後に「お申し込みはこちら」といった案内があり、ダイレクトに申し込める。

 この広告で売上を上げるには、コピーライティング技術が必要不可欠である。

顧客の救世主「ベネフィット」を提供する

 コピーライティングで売上が上がる理由の1つに、「ベネフィット」を提供することがある。

 ベネフィットという言い方は、なじみがなく、普通はメリットや特長(特徴)と表現するだろう。

 特長とは「特にすぐれたところ」。

 特徴とは「他と異なって特別に目立つしるし」。

 メリットと特長は、ほぼ同義。特徴は必ずしも優れているとは限らないが、目立つ点だ。

 その商品・サービスを購入すると、購入者にとってどんないいことがあるのか?

 コピーライティングの世界では、メリットではなくベネフィットを使う。これは、「人は商品・サービスそのものがほしいのではなく、それを買った結果、得られるものがほしい」からだ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

酒井大輔 日経BP

マネジメント【エッセンシャル版】 基本と原則

P・F・ドラッカー ダイヤモンド社

売上最小化、利益最大化の法則 利益率29%経営の秘密

木下勝寿 ダイヤモンド社

柴田和子 終わりなきセールス

柴田和子 東洋経済新報社