2021年12月号掲載

「不確実性」超入門

コミュニケーション・心理学経済・経済学社会・政治

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

「不確実性」が今、世界を覆っている。新型コロナのパンデミック、株式相場の乱高下…。複雑化する現代社会では、思いもよらぬ出来事が起こる。これらに対処するには、不確実性を理解し、それがもたらすリスクを制御する必要がある。そんな「想定外の時代」の必須教養を、常にリスクと向き合う金融市場のプロが解説する。

要約

ランダム性

 新型コロナウイルスの感染拡大。それは、単に公衆衛生上の問題にとどまらず、社会、経済、政治にも大きな影響を与えている。これだけの重大事を、なぜ事前に予測できなかったのか?

 実は、感染症の脅威は広く認識されていた。しかし、予測には限界がある。予測できることは、「未知のウイルスによる感染症がどこかの時点でどこかの地域に発生し、それが何らかのルートを通じて世界に拡散し、甚大な影響を及ぼす可能性が高まっている」ということまでだ。

 予測は抽象的で漠然としたもので、感染症の脅威をある程度正確に予測できたとしても、その発生時期や感染ルートまでは正確に予測できない。

 予想外の事態に、その都度対応していかなければならないという部分はどうしても残るのだ。

 未来のデキゴトには多かれ少なかれ、不確実な要素が含まれる。そして、不確実性に対しては、不確実性への対処の仕方がある。

「ランダムである」とはどういうことか

 では、不確実性をもたらすものは何か?

 第1の不確実性の源は、「ランダム性」である。

 ランダムとは、偶然によってデキゴトの経過や結果が左右されること。例えば、サイコロを振る前はどの目が出るかわからない。結果は偶然によって左右される。事前にわかっているのは、どの目も出る確率が6分の1ずつということだけだ。

 ランダムな動きにおけるこの予測不能性が、不確実性を生む。

ランダム性に起因する不確実性に対処する方法

 この基本的性質から、ランダム性に起因する不確実性にどう対処すべきかがみえてくる。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)