2020年12月号掲載

経済危機はいつまで続くか

経済・経済学金融・財務・会計国際・世界情勢
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

コロナ・ショックは人と物の動きを止め、リーマン・ショック以上の危機を世界にもたらした。今後、世界、日本の経済はどうなるのか? コロナは抑えたものの、過剰債務を抱える中国は、企業倒産が増えかねない。感染被害の対策を巡り足並みが乱れたEUは、崩壊のリスクが高まる…。事例やデータを基に、先を見通す。

要約

アメリカファーストのゆくえ

 経済は、基本的にヒトとモノとカネで動く。

 2008年のリーマン・ショックの時は、カネの部分がダメージを受けた。ただし、カネの流れが止まった場合は、その流れをよくすればいい。アメリカは経済政策を行い、何とか景気を回復させた。

 だが、新型コロナウイルスは、より厄介だ。感染症によるパンデミックになったため、カネではなく、ヒトとモノが動かなくなったからだ。

 今後、日本と世界の経済は、どのような方向に進んでいくのだろうか ―― 。

コロナ・ショックに揺れるアメリカ

 今回のコロナ・ショックによって、アメリカ経済はどのような影響を受けているのか。

 一言でいうと、「戦争級の衝撃」である。

 経済は、主に金融経済と実物経済とに分けて考えるが、金融経済については、100年に一度の危機といわれたリーマン級の影響が出た。

 例えば、VIX(Volatility Index)指数。別名、恐怖指数といい、市場関係者がどれだけ市場に恐怖を抱いているかを示す。リーマン・ショック後はこの指数は60を少し超えたところだったが、今回はそれを超えている。

 それ以上に凄まじいのが、実物経済である。毎週発表されるアメリカの新規失業保険申請件数はリーマン・ショック後の65万件がこれまでのピークだった。だが、今回は650万件以上。リーマン・ショックの時の10倍にも膨らんだわけだ。

金融引き締めは当面できない

 こうした局面では、コロナ・ショックの克服を最優先して、金融緩和も財政出動もできることはやり、とりあえず経済を立て直す。それが重要だ。

 となると、金融引き締めをする環境になることは当面ない。そもそも、構造的に金融引き締めの必要性が下がってきている。物価や賃金が上がりにくい構造になってきているのだ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

ポストコロナの経済学

熊谷亮丸 日経BP

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)