2019年6月号掲載

人生100年時代の正しい資産づくり

人生論投資・資産運用
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

少子高齢化が進む日本では、今の年金制度を維持するのは難しい。これからは自分の生活は自分で守る、が基本だ。そのカギとなる、資産づくりに役立つ“正しい投資法”を伝授。「外国株での運用も考える」「投資に際しては時間分散を考える」など、投資や運用に関する知見が、具体的事例を交えつつ、わかりやすく説かれる。

要約

日本の枠内だけで考えるべきではない

 こんな統計数字がある。2017年のものだ。

 米国で、世帯主が65歳以上の世帯の平均所得額は月57万円、年収にして680万円。

 一方、日本の65歳以上の世帯における平均所得額は月27万円、年収319万円である。

 日米で2倍以上の差がある。なぜか?

 いくつかの要因が考えられるが、その1つが「401k」である。これは簡単に言うと、年金資金積立制度。米国人の3人に1人が、公的年金とは別に、「将来の追加年金のための資金」を若い頃から自分で積み立てているのだ。

 この制度の下で、各個人はどのように運用してきたのか。運用先を見ると、株式が50%、債券8%、両者の混合型ファンドが26%。元本保証のものはたったの10%だった。

 これは非常に賢い運用だ。というのも、この制度が作られた1980年から2018年までの38年間で、米国の株式は24倍以上に値を上げたからだ。こうした環境の下で、多くの米国人は株式中心に運用し、その結果、老後の資金を増やしたのだ。

 日本にも似たような制度(日本版401k)があるが、内容は米国に比べるとかなり見劣りする。

 ここで、我々としては「米国はいいな」で終わっては意味がない。少子高齢化が進む日本では、これから先、年金受給者を支える現役世代が減る。国に頼ってばかりはいられない。将来を見据え、自らの資産の運用に真剣に向き合う必要がある。

世界中から資金を集めて成長する米国

 今の世界はボーダーレス(国境がなくなっている)。日本にいながらにして、米国株に投資できる。日本人だからといって、日本の枠内だけで考えるべきではない。

 米国の株式市場は世界中から資金を集めている。このための仕組みも整っていて、市場の様々な制度はすべて投資家目線で作られている。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

G・キングスレイ・ウォード 新潮社(新潮文庫)

儒教とは何か 増補版

加地伸行 中央公論新社(中公新書)

50代から心を整える技術

下園壮太 朝日新聞出版(朝日新書)