ビッグ・クエスチョン

Original Title :BRIEF ANSWERS TO THE BIG QUESTIONS

起業家・人物科学・技術・環境文化・思想・歴史
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

「ビッグ・クエスチョン」 ―― 誰も解き明かしていない“究極の問い”に、車いすの天才として知られるホーキング博士が挑んだ。神は存在するのか? 人工知能は人間より賢くなるのか? 等々、多くの人が抱く10の疑問に、わかりやすく答える。理論物理学をはじめ深い知恵に裏打ちされた、刺激的で洞察に満ちた1冊である。

要約

神は存在するのか?

 人はいつの時代も、「ビッグ・クエスチョン」に対する答えを求めてきた。私たちはどこから来たのか? 宇宙はどのように始まったのか?

 私はこれまで、理論物理学を使うことで、ビッグ・クエスチョンに答えようとしてきた。

 たいていの人は、科学は難解なので理解できないと思っている。しかし、それは違う。数式を使わずにわかりやすく説明されれば、たいていの人は基本的な考え方を理解できる ―― 。

 私たちはどこから来たのか? 昔、答えは常に同じだった。神が全てを作った、と。だが、今では科学が、もっと矛盾のない良い答えを与えている。あらゆることは、自然法則で説明できる。

自然法則と神の役割

 私は、自然法則(物理学の法則)の発見こそは、人類の最も偉大な業績だと考えている。なぜなら、宇宙を説明するために神が必要かどうかを教えてくれるのは、自然法則だからだ。

 中でも重要なのは、自然法則は変えられないということ、ボールの飛び方や惑星の運動など、宇宙で起こること全てに当てはまる、ということだ。

 もしあなたがこの事実を受け入れるなら、こんな疑問が浮かぶだろう。では、神の役割は何か?これは科学と宗教の大きな対立点だ。神を、自然法則を体現するものと定義してもいいだろう。

 しかし、ほとんどの人は、神をそう捉えていない。神は人間のように人格的な関係を取り結べる相手だと思っている。だが、広大な宇宙の中で、人の生涯がどれほどちっぽけかを直視する時、そんなことはとうていありそうにない。

 私は「神」という言葉を、人格を持たない自然法則という意味で用いる。従って、神の心を知るということは、自然法則を知るということだ。

宇宙を作る3つの要素

 宇宙を作るには、3つの要素があればよいことがわかっている。物質、エネルギー、空間だ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

データでわかる 2030年 地球のすがた

夫馬賢治 日経BP・日本経済新聞出版本部(日経プレミアシリーズ)

NEO ECONOMY

日本経済新聞社(編) 日経BP・日本経済新聞出版本部

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)

アフターデジタル2 UXと自由

藤井保文 日経BP