大予測 次に来るキーテクノロジー2018-2019

イノベーション科学・技術・環境
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

次に“来る”テクノロジーはこれだ! 身体的特徴や癖などを基に個人を識別する「バイオメトリクス認証」、着るだけで心拍数などの生体データが得られる「スマートクロージング」…。野村総研のアナリストが、先端テクノロジーについて、国内外の先行事例を紹介しつつ展望する。今後のビジネスを考える上で参考になる1冊。

要約

AI(人工知能)が人の仕事を奪う

 本書は、「次に来るキーテクノロジー」 ―― 今後の普及が予想される技術として、AI(人工知能)、自動運転、音声操作、チャットボット、VR・AR・MR(仮想現実・拡張現実・複合現実)、バイオメトリクス認証、センシング、ブロックチェーンの8つを解説するものである。

 ここでは、その中からいくつかを紹介しよう。

 まず、AIの現状と今後を展望すると、その進化によって、これまでは人間でなければ無理と思われていた仕事も、次第にAIやロボットによって、部分的には代替可能になりつつある。

 例えば、1000人以上の弁護士を抱える米国の大手法律事務所の半数以上が、すでにAIを活用した「リーガルAIツール」を利用している。新人弁護士や「パラリーガル」と呼ばれる補助業務従事者が行うリーガルリサーチ(法律に関する情報の調査)などの作業を、AIが行っているのだ。

 また、外資系銀行のトレーダーは、一握りのエリートしか就けない花形の職業だったが、最近では、その地位をAIに奪われつつある。

 2017年、ゴールドマン・サックスの前CIO(最高情報責任者)、マーティン・チャベス氏は講演の中で衝撃的な事実を明かした。

 「2000年に、ニューヨーク本社に在籍していた600人の株式トレーダーは、今では2人しかいない。…今では日々の取引作業は(AIを活用した)自動取引プログラムが代替している」

 同社が自動化を実現した株取引は、機械学習機能を備えたプログラムによって代替が進んでいる。今後は投資銀行業務の自動化にも着手する予定で、さらに社員の数は減る見込みだ。

 AIの活用がホットになるにつれ、現在、ウォールストリートで需要が高止まりしているのが、コンピュータ・エンジニアである。金融業界では、「金融の専門家にAIを学ばせるより、AIの専門家に金融を学ばせる方が簡単だ」という半分冗談めいた言葉も頻繁に聞かれる。

 これからの金融ビジネスを支えるのはトレーダーではなく、エンジニアになるのかもしれない。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

データでわかる 2030年 地球のすがた

夫馬賢治 日経BP・日本経済新聞出版本部(日経プレミアシリーズ)

NEO ECONOMY

日本経済新聞社(編) 日経BP・日本経済新聞出版本部

アフターデジタル2 UXと自由

藤井保文 日経BP

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)