2018年1月号掲載

日本人の人生観

人生論社会・政治文化・思想・歴史
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

日本人は「画一的だ」とよく言われる。例えば、いまだに多くの人が、良い学校を出て良い会社に就職することを目指す。この画一的な行動様式の背景には、何があるのか。山本七平氏が、日本人ならではの“伝統的な人生観”について、わかりやすく説く。人の生き方というものを考える上で、貴重な示唆を与えてくれる1冊だ。

要約

日本人の人生観とは

 「人生とは何か」。これは簡単に言えば、「人」が「生きる」とは何か、ということだ。

 聖書には「人はパンのみにて生くるにあらず」という言葉があり、多くの人に知られているが、次に続く言葉が案外に忘れられている。

 続く言葉は、「あらゆる言葉」。それにさらに「神の口を通じて出た」と続く。

 この言葉を踏まえて、我々は何を基準に生きているかを考えれば、それは「あらゆる言葉」であり、我々の場合は日本語である。

 我々がものを考える時は日本語で考えている。では、ものを考えるとは何をすることか。色々なことが言えるが、最も簡単なものを例にとると、コンピューターと同じような作業をすることだ。

 コンピューターには記憶装置があり、そこにデータが入っており、これによって答えが出る。この記憶装置の中がゼロなら、何の答えも出せない。

 これは人間も同じで、例えば、事故で全記憶を喪失した人からは何の答えを得ることもできない。

 このことが意味するのは、出せる答えは、蓄積された記憶の量に限定されるということだ。

 こう考えると、記憶の量がその人の発想の範囲を決めてしまうわけだから、「憶える」ということは実に大切な作業である。

 質の良い記憶の量を増やせば増やすほど、その人間の発想の総量は増えていく。これが、人間が生き、そして自由な発想をする一番の基本になる。

 そうであるなら、何を記憶するかということが問題になる。この決定が、その人の生涯だけでなく、その民族の将来にも決定的な影響を及ぼす。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

ポストコロナの経済学

熊谷亮丸 日経BP

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

データでわかる 2030年 地球のすがた

夫馬賢治 日経BP・日本経済新聞出版本部(日経プレミアシリーズ)