2017年9月号掲載

突破するデザイン あふれるビジョンから最高のヒットをつくる

Original Title :OVERCROWDED:Designing Meaningful Products in a World Awash with Ideas

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

人の心を揺さぶるヒット商品を生み出すには? 企業戦略・デザインの専門家である著者によれば、不可欠なのは、モノやサービスの意味を変える「意味のイノベーション」。問題解決を目的とする従来のイノベーションではなく、取り組むべき問題を再定義し、新たな価値を創造することで、人々に愛される商品が生み出せるという。

要約

新たなイノベーションの登場

 「トニー、ぜひ君と一緒に新しいビジネスを始めたいんだ」。マット・ロジャースが、トニー・ファデルに言った。

 「どんなビジネスを考えているんだい?」

 「スマートホームのビジネスさ」

 「それはないよ。誰もスマートホームなんて欲しくないし、あれはマニア向けに過ぎない」

 「僕が今、家を建てていることは知っているよね。僕はその家を愛着があるものであふれさせたい。そして、最新の技術を使ってエネルギー効率を高めたいんだ。でも、気に入らないことがたくさんある。例えば、サーモスタットだ。心から愛せるサーモスタットをつくりたいんだ…」

 この会話から5年後、2人は起業していた。「ネストラボ」だ。その初めての製品が、今人々に愛されているサーモスタットである。

 ネストラボは2011年からの3年間で、1つ249ドルという価格ながら100万個ものサーモスタットを売り、20億kW/時ものエネルギーを節約した。そして2014年、彼らはグーグルに32億ドルで会社を売却した。

 これまで多くの企業が、イノベーションの参考書に書かれた方法を実践してきた。ブレインストーミングを行い、ユーザーを観察し、他者からの大量のアイデアに接してきた。しかし、いまだビッグチャンスをつかむのに苦戦している。

 2人はブレインストーミングなどしなかった。外部のアイデアを取り入れず、彼ら自身のビジョンからアイデアづくりを始めたのだ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

ビジョナリー・カンパニー 弾み車の法則

ジム・コリンズ 日経BP

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

酒井大輔 日経BP

両利きの経営 「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く

チャールズ・A・オライリー 東洋経済新報社

妄想する頭 思考する手 想像を超えるアイデアのつくり方

暦本純一(編) 祥伝社