2017年2月号掲載

「ココロ」の経済学

コミュニケーション・心理学経済・経済学健康・メンタルヘルス・医療
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

経済学では、人は「合理的な存在」とされる。だが、実際はそうではない。健康に良くないとわかっていてもタバコやお酒が止められない、そういう“ココロ”の弱さを誰もが持っている。本書は、こうした感情的な側面を重視する「行動経済学」の視点から、人の判断がどんなメカニズムで生み出されるのか、解き明かしていく。

要約

経済学の中のココロ

 伝統的な経済学が、人間のココロをどうモデル化してきたかご存じだろうか。

 経済学では、合理的な「ホモエコノミカス(経済人)」という人間像を仮定する。冷徹無比で計算高い。お金ばかり重視する。自分の利益を優先する。こうした人間像である。

 しかし実際には、人間は、経済学が考えるように合理的ではない。

最後通牒ゲーム

 ホモエコノミカスについて見てゆくにあたり、「社会的ジレンマ」を取り上げよう。社会的ジレンマとは、個人の選択と社会全体の利益が一致せず、そこに葛藤や乖離が生じることをいう。

 経済学で有名な社会的ジレンマの1つに、「最後通牒ゲーム」がある。このゲームでは、相手が誰かわからないように、2人を1組にして、片方の人間にこう言う。

 「あなた方2人に1万円を差し上げます。ただし、この1万円をどう分けるかは、あなたが決めてくれて結構です。しかし、相手には拒否権が与えられていて、あなたの申し出る分配額に不満ならば、相手は受け取りを拒否できます。その時は、1万円の全額が没収されてしまいます」

 ホモエコノミカスならこう考える。合理的に考えれば、相手は1円でももらえれば、何ももらえないよりはましなわけだから、受諾するだろう。これが、ホモエコノミカスの出す合理的な答えだ。

 あなたの答えも同じだろうか?

行動主義の誕生

 経済学のホモエコノミカス像では、重要な仮定が2つある。「合理性」と「行動主義」だ。

 合理性とは、人間の好み(選好)に関して、最低限成り立つと考えられる約束事である。この約束事に矛盾があってはいけない。

 行動主義とは本来、心理学の言葉だ。人間のココロは外部から見えないのだから、ココロをわからないものとして、行動のみを考察の対象とする。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

ポストコロナの経済学

熊谷亮丸 日経BP